スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


エターナル・サンシャイン

                                     2007/05/05 (Sat)

映画 エターナル・サンシャイン

エターナルサンシャイン DTSスペシャル・エディション



原題 ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND
製作年度 2004年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 107分
監督 ミシェル・ゴンドリー
製作総指揮 デヴィッド・ブシェル 、チャーリー・カウフマン
        ジョルジュ・ベルマン 、グレン・ウィリアムソン
脚本 チャーリー・カウフマン
音楽 ジョン・ブライオン
出演 ジム・キャリー 、ケイト・ウィンスレット 、キルステン・ダンスト
    マーク・ラファロ 、イライジャ・ウッド 、トム・ウィルキンソン
    ジェリー・ロバート・バーン 、トーマス・ジェイ・ライアン
    ジェーン・アダムス 、デヴィッド・クロス

~STORY~
ジョエル(ジム・キャリー)は、恋人のクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)
が自分との思い出をすべて消し去ったことを知ってしまった・・・
そこで自らも彼女の記憶を消そうと
記憶除去を手掛けるラクーナ社を訪ねる
ジョエルは医師の指示通り彼女との思い出の品をかき集め
睡眠薬を飲み記憶消去術を受けるのだが・・・・・

~DATA~
脚本は「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」のチャーリー・カウフマン
エターナル・サンシャイン」で2005年度アカデミー賞脚本賞受賞
監督は「ヒューマンネイチュア」のミシェル・ゴンドリー


~IMAGE~
・切ない
・ロマンチック
・不思議

エターナル・サンシャイン

~REVIEW エターナル・サンシャイン
★★★★☆
過去・現在・記憶と飛び回るとても複雑な話を
よくまとめ上げているな~っと感動!脚本が素晴らしかったです

脚本が出来上がるのに3年もの月日が掛かったとか
チャーリー・カウフマンは複雑なこのストーリーをどうすればいいか悩んで
アイデアがどうしても出てこなかった時
ストーリーの考案者でもあるミシェル・ゴンドリー と
相談しあって作りあげてったようです
お互いの個性を生かし合って二人で練りに練り上げた脚本なんですね
偏った感じじゃなく絶妙なバランス感覚が映画にも出ていたように思います

これだけ純粋な恋愛映画に起用した主人公にジム・キャリーと
ケイト・ウィンスレットっていうのも
面白いキャスティングだな~っという感じがしましたw
ジム・キャリーはいつもとは一味違う真面目な演技!!
すごく深みのある男らしい感じがして魅力的でカッコ良かった!
何となく素のジム・キャリーを観れたような気がして嬉しくなりました

エターナル・サンシャイン

エターナル・サンシャイン

それと脇の役者陣が良かったです!
キルステン・ダンストもイライジャ・ウッドも!
存在感のある個性的な2人が脇にいるって得した気分になりますね
イライジャ・ウッドは映画「シン・シティ」の時もそうだったけど
ちょっと恐ろしげな危ない感じの役ハマッてきちゃってる感じがしますw

彼女役のケイト・ウィンスレットっですが、私的にはなんとなく
切なさが足りないような感じがしてしまい
別れを悲しませる要素が微妙だった気がしてちょっとだけのれませんでした・・・。

クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)の髪の色が
交錯する時間軸のヒントになっていると後から知りました!
これから観る人や わからなかったって人は迷子になりそうになったら
要チェックですね☆

エターナル・サンシャイン

心の 奥の方にしまってあった柔らかくて真っ白いハートに
スポットライトを当てられたような不思議な気持ちにさせられました
切なくて悲しくて、だけど温かい・・・言葉では表現しづらいけど

きっと自分の中に大事にしまってあった大切な気持ちや思い出を
この映画は観てる人にも呼び起こすのかもしれませんね・・・。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「あ」行 | trackback(2) | comment(0) |


<<DEATH NOTE デスノート 前編 | TOP | 「X-MEN」のスピンオフ「マグニート」の監督が決定!>>

comment












管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eker.blog92.fc2.com/tb.php/91-acb7ce31

数奇になってOK/映画「エターナル・サンシャイン」
マルタ: 「幸せは無垢な心に宿る 忘却は許すこと 太陽の光に導かれ 陰りなき祈りは運命を動かす」クレタ: なあにそれ?マルタ: アレクサンダー・ポープの詩だよ。作品中に出てきた。クレタ: うわぁ!ダ・ヴィンチ・コー //Re-クレタとマルタ 2007/05/06 08:21

映画『エターナル・サンシャイン』
原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind確かに、ある特定の記憶を消してしまいたいことはある。・・だけど、例え失恋といえども恋の記憶は決して消してしまいたいなどと思ったことはない。 電車での出会いは、ジョエル・バリッシュ(ジム・キャリー)とクレメンタイン //茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ 2007/05/31 00:17

| TOP |

PROFILE

 e r i c a

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

最新の記事

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。