スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


シンデレラマン

                                     2007/04/12 (Thu)

映画 シンデレラマン

シンデレラマン



製作年度 2005年
上映時間 144分
監督 ロン・ハワード
製作総指揮 トッド・ハロウェル
脚本 アキヴァ・ゴールズマン 、クリフ・ホリングワース
音楽 トーマス・ニューマン
出演 ラッセル・クロウ 、レネー・ゼルウィガー 、ポール・ジアマッティ
   クレイグ・ビアーコ 、ブルース・マッギル 、パディ・コンシダイン
   コナー・プライス 、アリエル・ウォーラー 、パトリック・ルイス
   ロン・カナダ 、デヴィッド・ヒューバンド 、ローズマリー・デウィット
   リンダ・カッシュ 、ニコラス・キャンベル

~STORY~
ボクサーとして活躍するジム(ラッセル・クロウ)は
美しい妻とかわいい子供たちに恵まれ
充実した日々を送っていた
しかし右手の故障がきっかけで勝利に見放され
引退を余儀なくされ失業してしまう・・・・
時代はアメリカを襲う大恐慌 人々の生活は困窮を極め
過酷な労働でわずかな日銭を稼ぎ何とか生活していたが
日雇いの仕事すらもらえない日が増えていった
そんな時ジムにチャンスが訪れる
ジムの元マネージャーがある試合の話を
もってきたのだった・・・・・・・

~DATA~
監督は「ビューティフル・マインド」でラッセル・クロウと組み
作品賞・監督賞を含む4部門のアカデミー賞に輝いた
巨匠 ロン・ハワード監督

~映画 IMAGE~
・感動
・男らしい
・温かい


~REVIEW シンデレラマン
★★★★★
実在のボクサー「ジム・ブラドック」の
生きざまや家族との絆を良く描き出していて
とっても感動的で勇気をくれる素晴らしい映画でした
実話をもとにしているということもより感動的ですね

どれだけ貧しい生活でも愛する妻と愛する子供たちの大切さを
見失うことなく家族を必死に守ろうとするジム(ラッセル・クロー)の姿
そしてその夫を精一杯支えようとする妻(レニー・ゼルウィガー)の姿に
心打たれました

映画の記録と感想とシンデレラマン

大切な家族のために 生きていくために戦って 自分のために戦った
その姿は最後まで素敵だったし とっても温かい気持ちになりました
最後の試合では本当に手に汗握った!!
その場にいて応援している人たちと同じような気持ちで
釘付けでした

「グラディエイター」でもそうだったけど
ラッセル・クロウの戦いぶりは心ひきつけられる物があります
彼のかもしだしている人柄が思わず「ガンバレ!!」と
応援したくなってしまうような
身近な人物に感じられるからだと思います・・・

映画の記録と感想とシンデレラマン

映画の記録と感想とシンデレラマン

私は女だからレニー側の立場でハラハラしていたんですけど 
「どうか生きて帰らせて」と心の中で祈るような気持ちで
試合の最後の最後まで息がつけなかった!!

マネージャーとの絆も深く男の友情としても素晴らしかったですね
どんな状況におかれても
大切なのは人と人との温かい繋がりなんだと
あらためて感じさせられました・・・。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「さ」行 | trackback(3) | comment(0) |


<<60年代のカルトSF「バーバレラ」、ボンド風になって甦る!? | TOP | 「ヤッターマン」「ガッチャマン」が実写映画化>>

comment












管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eker.blog92.fc2.com/tb.php/75-803008e9

映画「シンデレラマン」
原題:Cinderella Man  -貧困から抜け出したらヒーロー- 1920年代から1930年代にファイトした男、骨折から引退するもセカンドチャンスを掴み大恐慌時代のアメリカに希望を与えるチャンピオンになった実在のボクサーの物語。ジム(ラッセル・クロウ)と彼を支える妻メイ( //茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ 2007/04/12 12:19

シンデレラマン
大恐慌時代のアメリカ。かつては華やかな戦績を誇っていたボクサーのブラドッグ(ラッセル・クロウ)はケガもために落ち目になり、ライセンスも収入も失ない、深刻な不況のなか日雇いの荷役の仕事を求めて連日波止場に通う日々を送っていた。だが、その収入だけではとても生 //filmをめぐって 2007/04/17 01:17

シンデレラマン
【出演】 ラッセル・クロウ、レニー・セルヴィガー 【感想】 ネーミングがいまいちって思いましたが スマップ木村君がベタボメでしたので観て見ました。 うーん、まあまあかな。うん、良かったですよ。 男として親父としてボクサーとしての生き様が共感を得た人には 満足で //邦画名作映画館 2007/05/01 00:49

| TOP |

PROFILE

 e r i c a

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

最新の記事

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。