スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


硫黄島からの手紙

                                     2007/03/23 (Fri)

映画 硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)



製作年度 2006年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 141分
監督 クリント・イーストウッド
製作総指揮 ポール・ハギス
原作 栗林忠道 、吉田津由子
脚本 アイリス・ヤマシタ
音楽 カイル・イーストウッド 、マイケル・スティーヴンス
出演 渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮
   松崎悠希 、中村獅童 、裕木奈江

~STORY~
1945年2月19日
アメリカ軍の上陸とともに始まった硫黄島をめぐる攻防は
アメリカ側の圧倒的な戦力の前に5日もあれば終わるとされていた
しかし その硫黄島戦を36日間にも及ぶ長期戦へと変貌させ
戦史に残る戦いへと変えた男たちがいた・・・

~DATA~
第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる
「硫黄島の戦い」を、日本側の視点から描いた戦争映画
クリント・イーストウッド監督2部作 
第2弾「硫黄島からの手紙


~IMAGE~
・恐怖
・悲しい
・絶望的

硫黄島からの手紙画像

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙

~REVIEW 硫黄島からの手紙
★★★★★
アメリカと日本の視点がこれだけ平等に描かれてることに
ものすごく感心させられました
日本の役者さんの顔ぶれも鋭い人選で役柄にピタッとはまっていて
それぞれに素晴らしい演技をみせてもらったと思います!
特に二宮クンが、今風?の若者っぽいと言ったらいいのか
当時では考えられない暴言をはいたりと
昔と現代とをうまい具合に橋渡ししてくれるような存在で、
共感しながら観ることができました。



~以下少しネタバレ込み~

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙

アメリカ側から見た「父親たちの星条旗」の時に感じた
戦争への絶望感がこの「硫黄島からの手紙」では何倍も多く感じた

アメリカ側から見た時の日本軍は不気味で恐ろしくて強い軍に感じたのに
あんなに日本の内情はボロボロで必死だったことに驚かされました!
アメリカ兵は怪我をすれば衛生兵に助けてもらえるけど
日本兵は水も食料ももちろん怪我をしたって薬も底をつき
自分たちには「死」しか待っていないと言うのに
愛する家族のため、お国のため

「最後の最後まで生き延びて、
    本土にいる家族のために、一日でも長くこの島を守り抜け」

と5日で終わるとされていた戦いを 36日間も戦い抜く姿は
その恐怖と 命の重さや大切さが痛いほど胸に突き刺さってきました!
そして日本人としてとても誇らしい気持ちにもなった・・・。

地中から発見された数百通もの手紙たち
ひとりひとりが家族や大切な人たちに思いをこめて書いたのだと思うと
とても胸が苦しくなります・・・

「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」を観て
自分自身の命の重さを 生かされてることの大事さを
決して忘れてはいけないことだな、と深く深く感じました・・・。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「あ」行 | trackback(4) | comment(0) |


<<プラハ! | TOP | 父親たちの星条旗>>

comment












管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eker.blog92.fc2.com/tb.php/54-0f3d8e8a

映画「硫黄島からの手紙」
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima)硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙 //茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ 2007/03/25 02:57

【 硫黄島からの手紙 】
■2007/4/20日DVD発売 ■アメリカ制作 ■141分■監督 ・クリント・イーストウッド■出演・渡辺 謙 (栗林中将)・二宮和也 (西郷一等兵)・伊原剛志 (西竹中佐)・加瀬 亮 (清水上等兵)・中村獅堂 (伊藤大 //肉球シネマブログ 2007/04/20 23:16

【 硫黄島からの手紙 】
硫黄島2部作、日本からの視点で硫黄島の戦いを描いた第2弾。2時間21分の長丁場、『父親たちの星条旗』のような大規模な戦闘シーンはほとんどなく人間ドラマがやや淡々と語られる内容。ハリウッド映画なのに全編日本語っていうのは珍しい。時間経過がやや解りにくかっ... //もじゃ映画メモメモ 2007/04/23 02:44

「硫黄島からの手紙」映画感想
クリント・イーストウッド監督の硫黄島2部作、「硫黄島からの手紙」を見てきました。 //Wilderlandwandar 2007/06/09 15:27

| TOP |

PROFILE

 e r i c a

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

最新の記事

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。