スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


父親たちの星条旗

                                     2007/03/23 (Fri)

映画 父親たちの星条旗

父親たちの星条旗 (特別版)



製作年度 2006年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 132分
監督 クリント・イーストウッド
原作 ジェームズ・ブラッドリー 、ロン・パワーズ
脚本 ポール・ハギス 、ウィリアム・ブロイルズ・Jr
音楽 クリント・イーストウッド
出演 ライアン・フィリップ 、ジェシー・ブラッドフォード 、アダム・ビーチ
    ジェイミー・ベル 、バリー・ペッパー 、ポール・ウォーカー
    ジョン・ベンジャミン・ヒッキー 、ジョン・スラッテリー 、ロバート・パトリック
    ニール・マクドノー 、メラニー・リンスキー 、トム・マッカーシー
    クリストファー・バウアー 、ジュディス・アイヴィ 、スコット・リーヴス
    スターク・サンズ 、ジョセフ・クロス 、ベンジャミン・ウォーカー
    マイラ・ターリー 、アレッサンドロ・マストロブーノ 、ジョージ・グリザード
    ハーヴ・プレスネル 、ジョージ・ハーン 、レン・キャリオー
    クリストファー・カリー 、ベス・グラント 、コニー・レイ 、アン・ダウド
    メアリー・ベス・ペイル 、デヴィッド・パトリック・ケリー 、ジョン・ポリト
    ネッド・アイゼンバーグ 、ゴードン・クラップ 、カーク・B・R・ウォーラー
    トム・ヴェリカ 、ジェイソン・グレイ・スタンフォード

~STORY~
アメリカ軍は対日本戦線の重要ポイントに位置づけられる
硫黄島についに上陸を果たす
ところが日本軍の抵抗で戦況は先の見えない状態に
そんな折 擂鉢山の頂上に星条旗が掲げられた
この瞬間を捉えたたった1枚の写真がアメリカ中で大反響を呼び
星条旗を掲げた6名の兵士は一躍アメリカの英雄となった
しかしそれは彼らにとって苦悩の日々の始まりだった・・・・・

~DATA~
監督は「ミリオンダラー・ベイビー」 「ミスティック・リバー」の
        クリント・イーストウッド 
硫黄島 2部作の第1弾 「父親たちの星条旗


~IMAGE~
・恐怖
・虚しい
・迫力
 
父親たちの星条旗画像

父親たちの星条旗

父親たちの星条旗 父親たちの星条旗

父親たちの星条旗

~REVIEW 父親たちの星条旗
★★★★★
この父親たちの星条旗では
アメリカ側から感じる日本の不気味さ強さ恐ろしさがとても伝わってきました
日本軍の絶対に逃げないという覚悟はきっと戦ってる相手としたら
相当恐ろしかったと思います・・・


~以下少しネタバレ込み~

父親たちの星条旗

はじめはやっぱり日本がやられていく様を見るのは辛いし
腹が立つような気持ちだったけど だんだんと
どちらが悪で善であるかではなくて
両者とも平和を願う普通の人間が戦って
殺し合って死んでいくということが見えてくる・・・
辛くて ものすごく苦しくなって 涙が出そうになった
虚しすぎる・・・

日本兵の地形を使った戦術は本当に恐ろしくて島の崖がまるで要塞かのように
巨大で ものすごい兵器のように感じました!!
見えない所から銃でうたれバッタバッタと死んでいくアメリカ兵は
苦しくて見てられないくらいだった・・・

アメリカ兵から感じる日本の戦いぶりは
こんな風に感じられていたのかもしれないと思わせる作りは
本当にすごくリアルだった・・・
死闘を繰り広げる戦場、祖国での活動、写真に載った彼らの感情など
いくつもの異なるパートをフラッシュバックでうまくつなげて
とてもうまくまとめ上げているなと思いました

そして1枚の写真にこんな秘められた事実があったとは・・・
写真の彼らに 国にどれだけの影響を与えたのか 計り知れないですね

命がけの中に
皆との語らいの時間や海で泳いだ仲間との一時 
そういう小さくても心が穏やかでいられたであろう時間
国のために戦ったけど戦友がいたからこそ戦えるものなんだと感じる
大切な場面だと思いました

目を背けたくなる出来事や映像だったけど
真実から目を背けてはいけないし
親から子へ・・・ 大人から次の世代へ・・・
真実を伝えていくことの重さと大事さをひしひしと感じました・・・。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「た」行 | trackback(2) | comment(2) |


<<硫黄島からの手紙 | TOP | ホステル>>

comment












管理人のみ閲覧OK


 

はじめまして!この作品の感想、ほんとに私もそう思いました。思わずうんうんうなずきながら読んでました・・・。
硫黄島、2本とも見るとまた感じ方も深まりますよね。戦争がなにも良いものを生まないと、なんて悲しい人間の本能と歴史なんだと思わずにはいられませんでした。
古い記事のとこにいきなり失礼しました!^^;

2008/06/15 12:17 | ミノリ [ 編集 ]


 

お返事*ミノリさん

はじめまして(´ω`*)
訪問&コメントどうもありがとうございます!

ミノリさんも同じような感じ方をされたんですね!
戦争とは本当に何も生まれず残るのは悲しみだけ、
虚しことですね・・・
凄く色々な気持ちにさせられた映画でした・・・。

古い記事でもコメントしてもらえると
嬉しいので^^
また是非遊びにきて下さい。

2008/06/15 17:05 | e r i c a [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eker.blog92.fc2.com/tb.php/53-86498fdc

【 父親たちの星条旗 】
■2007/5/3日DVD発売 ■アメリカ制作 ■132分■監督 ・クリント・イーストウッド■出演・ライアン・フィリップ(ドク)・アダム・ビーチ(アイラ)・ジェシー・ブラッド・フォード(レイニー)・ジェイミー //肉球シネマブログ 2007/05/04 15:53

「父親たちの星条旗」映画感想
当初あまり見る気が無かった、クリント・イーストウッド監督の太平洋戦争映画「父親た //Wilderlandwandar 2007/06/09 15:28

| TOP |

PROFILE

 e r i c a

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

最新の記事

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。