スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


クローズZERO

                                     2008/08/08 (Fri)

映画 クローズZERO
製作年度 2007年  製作国・地域 日本 上映時間 130分

クローズZERO

ストーリー   
クローズZERO
偏差値最低、品性最悪の不良学生が集まる鈴蘭高校では、多数の派閥が覇権をめぐって勢力争いを繰り広げていた。現在の最大勢力は、3年の芹沢多摩雄(山田孝之)率いる“芹沢軍団”だった。そこへ、鈴蘭制覇を本気で狙う滝谷源治(小栗旬)が転入、鈴蘭OBで早秋一家矢崎組のチンピラ片桐(やべきょうすけ)と友人になり、勢力を拡大する。(シネマトゥデイ)


【監督】 三池崇史
【製作総指揮】 -
【原作】 高橋ヒロシ
【脚本】 武藤将吾
【音楽】 大坪直樹
【出演者】
小栗旬、やべきょうすけ、黒木メイサ、桐谷健太、高橋努、
鈴之助、遠藤要、上地雄輔、大東俊介、小柳友、渡辺大、
深水元基、伊崎右典、伊崎央登、松重豊、 塩見三省、
遠藤憲一、岸谷五朗、高岡蒼甫、 山田孝之


DATA
累計発行部数が3,200万部を超える、高橋ヒロシによるカリスマ的な大人気コミック「クローズ」の実写映画化。最悪のワルガキが集まる鈴蘭男子高校の覇権を巡る史上最大の抗争という、原作では語られなかった完全オリジナルドラマが“エピソードZERO”として展開する。監督は『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』の鬼才・三池崇史。小栗旬、山田孝之ら人気と実力を兼ね備えたキャスト陣と、800人のオーディションを勝ち抜いた若き“クローズたち”の競演が見もの。(シネマトゥデイ)


クローズZERO 画像2

感想 クローズZERO
★★★★☆
映画館で観ようと思っていたのにタイミングを逃してしまってから
やっとDVDを借りれたクローズZEROですw
大量な数のクローズZEROが置いてあるにもかかわらず!
いつもレンタル中でホントもう冬になるまで観れないんじゃないかと
若干諦めかけていた矢先に!やりました!1枚だけ発見♪w

ここまで観ることが出来ないと逆に期待度のハードルが上がって
楽しめないかも・・・なんて少し心配してましたが!

いや!そんな心配はいらなかったですね 面白かったです♪

小栗旬、 山田孝之、 高岡蒼甫、 などなど人気俳優さんたちの
豪華な顔ぶれだけでもテンション上がりますが
特に個人的に山田孝之くんの出ている作品は何故か定期的に見たくなるw
今回の山田くんも素晴らしかったです!

クローズZERO

よくある不良物の話でありながら細部まで行き届いた演出で
生き生きとしたキャラクターに引き込まれその世界観にドップリと入り込める作品で
三池監督の力量を感じました

喧嘩をして殴りあいになった時の殴った効果音と
殴られた側のオーバーぎみなリアクションが見ていて爽快感を感じますね!
大したことじゃないって思いがちですけど、
殴ったのか殴ってないのかわからない殴り方って結構
見ていてストレスたまりますw
リアリティーを重視している映画と違って これはほとんどアトラクション映画なので
このくらい大胆なアクションの方が気持ちが良いですね!それがクセになる
特に体育会系な性格?!の監督は
アクションには妥協を許さなそうですし(イメージですけどw)

クローズZERO 画像3

そして鈴蘭高校で天下をとるために仲間を増やしていくわけですけど
ただ強ければトップに立てるわけじゃなくて 大勢の仲間を束ねるために必要なことが
沢山あるわけです 徐々に仲間になっていく姿や
人間関係のプロセスがしっかりしているので
様ざまなキャラクターに愛着がもてます
ラストの見せ場乱闘シーンは迫力がありました!
ただ迫力があるだけじゃなく
そんな愛着をもったキャラクター一人一人のドラマも感じられました

こういう題材は好き嫌いわかれそうですけど
クローズZERO2が出来るのもうなずける
もう1度見たくなるし その後の展開も気になる 
やっぱりクセになる映画なんだなと思いました

クローズZEROおすすめ度★★★★☆   →人気blogランキングへ・・・


クローズZERO スタンダード・エディションクローズZERO スタンダード・エディション
(2008/04/18)
小栗旬山田孝之

商品詳細を見る


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

邦画 「か」行 | trackback(2) | comment(6) |


<<Helpless | TOP | 闇の子供たち>>

comment












管理人のみ閲覧OK


 

これ、原作マンガですよね。
うちのトイレによく置いてありました。
岸谷五朗の演技がイマイチと思うのは私だけでしょうか?
山田くん、格好良くなりましたね。
痩せたのかな?
ポチ凸

2008/08/09 11:36 | リカー子 [ 編集 ]


 

リカー子さん

原作は漫画ですね^^
漫画の方は読んだことないですが面白そうですね。
私も岸谷五朗が登場した時は浮いてるなって
少し感じましたw!だんだん見慣れていきましたけどw
そうですね!痩せてスッキリした顔してますね山田くん!
この山田くんはホント素敵でした~♪

それと、リンクさせていただきました☆
こちらもリンクしていただいたようでありがとうございます

2008/08/09 13:43 | e r i c a [ 編集 ]


はじめまして! 

足跡から来ました!(゜∀゜)
この映画のおかげで原作にもドップリはまってしまいましたw
クローズのよいところは何気に脇のキャラ設定もしっかりしてるトコかと!
それが2時間足らずの映画で全部発揮できてるかは難しいが…
2での鈴蘭軍団の活躍に期待しまくりッス!(=´▽`=)

2008/08/10 16:15 | ヒデキチ [ 編集 ]


 

ヒデキチさん

はじめまして!コメントありがとうございます

映画が面白かったので原作がとても気になります
すごく一人一人のキャラがしっかりしていたので
親近感わいてきたりして入り込めました!
原作はもっとおもしろいんでしょうね(´∀`
2も非常に楽しみですね!

2008/08/11 01:02 | e r i c a [ 編集 ]


 

くせになる映画って言うの分かります!!
私も続編楽しみにしてますもん☆
トラバさせて頂きますねぇ♪♪
応援ポチ━ヾ○´∀`)人(´∀`●ノ━!!!!

2008/08/12 07:59 | Mary [ 編集 ]


 

Maryさん

何かまた観たくなる映画ですよね!

続き楽しみです♪

TB&応援ありがとうございます 

2008/08/12 13:15 | e r i c a [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eker.blog92.fc2.com/tb.php/238-a0edb415

クローズZERO
日々、暴力と派閥争いが耐えないワルの巣窟・鈴蘭高校。 その鈴蘭のテッペンを獲る為、転校して来た一匹狼の滝谷源治。 不器用ながらも仲... //真性ひできちんこショボーン↓ 2008/08/10 16:08

クローズZERO
誰も知らない最強で最凶なカラス達の物語!! 誰も知らない、始まりの物語が始まる。 //☆.。.:*Addict*:.。.☆ Cinema Online 2008/08/12 08:00

| TOP |

PROFILE

 e r i c a

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

最新の記事

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。