スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


闇の子供たち

                                     2008/08/07 (Thu)

闇の子供たち

映画 闇の子供たち
製作年度 2008年  製作国・地域 日本 上映時間 138分


ストーリー
闇の子供たち
日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京本社からタイの臓器密売の調査を依頼される。同じころ、恵子(宮崎あおい)はボランティアとしてバンコクの社会福祉センターに到着する。彼女は所長から、最近顔を見せなくなったスラム街出身の少女の話を聞くが、実は彼女は父親に児童性愛者相手の売春宿に売り飛ばされており……。(シネマトゥデイ)

【監督】 阪本順治
【製作総指揮】 -
【脚本】 -
【原作】 梁石日
【音楽】 岩代太郎
【出演者】
江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、プラパドン・スワンバーン、
プライマー・ラッチャタ、豊原功補 、鈴木砂羽、塩見三省、佐藤浩市


DATA
梁石日原作の小説を『亡国のイージス』などの阪本順治監督が映画化した衝撃作。タイで横行する幼児売春や人身売買という、目を背けたくなるような現実に鋭く切り込む。記者としてジレンマを抱える主人公に『戦国自衛隊1549』の江口洋介。彼とは正反対の立場で子どもたちを救おうとする女性を宮崎あおいが熱演する。日本から決して遠くはない国で繰り広げられるむご過ぎる物語が心にずしりと響く。(シネマトゥデイ)


闇の子供たち 画像2

感想 闇の子供たち
★★★★☆
何とも考え深い映画です・・・・
映像的には残酷な描写ははぶかれているけど
大人の言う事を聞くしかない捕らえられた子供たちの姿が
心にグサリと突き刺さります・・・
とくに観光客がきては何度も繰り返される子供たちの売春の光景が辛かった
男の子も女の子も道具のように扱われて、終わればまた牢屋のような部屋に閉じ込められ
そして病気(エイズ)になればゴミのように捨てられる
そして健康な子供は生きたまま麻酔をされて臓器提供のために殺される
あれじゃ何のために生まれてきたのかわからないです
他人事として見ている私なんかじゃ1%だって気持ちがわかるわけないけど
そんな地獄のような毎日を送るくらいなら生きたまま臓器を提供して
死んだ方がましなんじゃないかとも思えてしまいました
臓器提供者に選ばれた子供はお風呂にも入れてもらえて綺麗な洋服着せてもらえて
優しくしてもらえる その光景と可愛らしくて澄んだ瞳を見ると言葉が見つからない

闇の子供たち 画像3

そんな子供たちの臓器売買や売春行為の状況を
描くことだけに重点をおいた映画ではなく
真実を暴こうとする新聞記者、南部浩行(江口洋介)や
子供たちを守ろうとするバンコクの社会福祉センターの視点で話が展開する
一つの劇映画として描かれていました

監督のインタビューによると原作である本の内容と現在の状況は
様ざまなことが時間と共に変わってきているということが
調べていくうちにわかってきたということで
この映画を作るにあたって ドキュメンタリータッチとしてではなく 
劇映画として一つの作品にしたかったとのこと
有名な役者陣を起用したのはそういうことからだったようです
(ドキュメンタリータッチにするならばもっと無名の役者を起用していた)

そして映画を観進めていくうちに感じてくるのが

これは人ごとではないということ

子供を買うなんて信じられない!なんて思っている自信こそが
いつそっち側の人間になるかわからないという
境の危うさを考えさせれられました
人間とはそういう残酷で惨い行動がとれる生き物なんですよね
それは自分にとっても例外ではないということなんですね・・・絶句・・・。
一度は観ておくべき映画だと思いました。

闇の子供たち 画像4

この闇の子供たちの上映前に「タイは癒される場所♪」的な
映画の予告がながれていて
闇の子供たちで感じるタイとのあまりのギャップの違いに
皮肉なものだな・・・とちょっと顔がひきつり気味になりました(苦笑)。

本の方はまだ読んでいなかったので これから読んでみたいと思います・・・。

闇の子供たちおすすめ度★★★★★  →人気blogランキングへ・・・


闇の子供たち (幻冬舎文庫)闇の子供たち (幻冬舎文庫)
(2004/04)
梁 石日

商品詳細を見る


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

邦画 「や」行 | trackback(0) | comment(2) |


<<クローズZERO | TOP | 崖の上のポニョ>>

comment












管理人のみ閲覧OK


 

観たんですねぇ。
本当に考えさせられる話ですよね。
私は本でしかまだ読んでいないのですが、映画の方もなかなかと聞きましたので、近々観に行こうかと思っています。
平和な日本では理解できないことが世界では起きているということを改めて実感させられます。
本も是非読んでください~。なんだかラストが違うらしいですよ。
応援凸

2008/08/08 11:43 | リカー子 [ 編集 ]


 

リカー子 さん

観てきました!
本の方が具体的に書かれていそうですが
純粋な子供が売春させられる映像を
見るのはショックですね!
本当にこんなことが起きているのかと思うと
言葉が出てこない感じでした・・・。
日本もまた貧しい状態におちいったら
幼児売春が起こりえるのかもしれないですね~(怖)

次は本にチャレンジしたいと思います★

2008/08/08 14:48 | e r i c a [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eker.blog92.fc2.com/tb.php/237-33e18f3a

| TOP |

PROFILE

 e r i c a

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

最新の記事

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。