スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


クワイエットルームにようこそ

                                     2008/06/25 (Wed)

クワイエットルームにようこそ画像

映画 クワイエットルームにようこそ
製作年度 2007年 上映時間 118分 製作国・地域 日本


ストーリー
クワイエットルームにようこそ
仕事も恋愛も微妙な28歳のフリーライター明日香は、ある日、目が覚めると見知らぬ部屋にいた・・・そこは“クワイエットルーム”と呼ばれる隔離された閉鎖病棟で、ナースから薬物とアルコールの過剰摂取により運び込まれたと説明される・・・さまざまな問題を抱えた患者たちと出会う中、彼女は自身を見つめ直してゆく・・・・・

【監督】 松尾スズキ
【原作】 松尾スズキ
【脚本】 松尾スズキ
【音楽】 門司肇 、森敬
【出演者】
内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、 りょう、 中村優子、
高橋真唯、馬渕英俚可、筒井真理子、宍戸美和公、
平岩紙、塚本晋也、平田満、徳井優、峯村リエ、
武沢宏、伊勢志摩、箕輪はるか、近藤春菜、庵野秀明、
河井克夫、俵万智、しりあがり寿、川勝正幸、しまおまほ、
妻夫木聡、大竹しのぶ


DATA
監督・俳優・作家・演出家としてマルチな才能を発揮し続ける松尾スズキが、芥川賞候補となった自身の同名小説を映画化した異色コメディー。ある日突然、精神科の閉鎖病棟に閉じ込められたバツイチライターの入院生活を描く。ヒロインには、『BEAT』以来9年ぶりの映画主演となる内田有紀。共演には、幅広い分野で活躍する宮藤官九郎、『フラガール』の蒼井優、『憑神(つきがみ)』の妻夫木聡など、人気と実力を兼ね備えた豪華キャストが顔をそろえる。(シネマトゥデイ)
クワイエットルームにようこそ1クワイエットルームにようこそ2

クワイエットルームにようこそ3クワイエットルームにようこそ4

IMAGE
・ブラックユーモア ・個性的 ・シリアス

感想 クワイエットルームにようこそ
★★★★☆ 4
前半は
こんな感じなのかな~?!と観る前に想像していた感じ
ブラックユーモア満載でそこら中小笑い要素が散りばめられていて
ちらほら笑わされました(笑)

ちょっとでも触れたらプツンと破裂してしまいそうな
問題を抱えた個性的な女性の患者さんたち
一人一人それぞれの強烈な色を放っていて
閉鎖病棟の真っ白い部屋、空間に良く映えていた気がします

実際の状況として考えると、それは結構ダークな人間の現実世界が
広がっていて、笑っていた顔も引きつる問題なんですけど

内田有紀さんのもともと持っている質というか、特徴というか
そんなダークな世界にいても 明るくなるというか、
とにかく爽やかなんですよね
ゲーゲー吐いててもねw 
主人公のザクっとした奔放な感じがよく似合っていて
カッコよくてキュートでした
(一時画面で姿を見ることが無くなってたけど、
     良い女優さんになって帰ってきましたね~w)


しかし・・・そんなブラックユーモアに小笑いして気楽に構えていたら
後半・・・ズドンっと谷底へつき落とされてしまいました


一転して現実に引き戻され 
心の苦しみ、寂しさ、悲しみ、辛さを突きつけられる・・・・
流れが一気にシリアスな空気に変わっていく感覚に
すごくショックを受けました・・・

明るい前向きな気持ちが消えて
逃げ道のない迷路に迷い込んでしまったような
暗い感情に襲われます



出口が見つかったかのように見えるけど・・・
きっと出口はそこじゃない・・・・・・

「現実ってそんなに甘いもんじゃないんだよ」って
ひきつった笑い顔で皮肉を言われた気持ちになった。


最初と最後では感じ方の違う
クワイエットルームにようこそでした・・・。


クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組)クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組)
(2008/03/19)
りょう内田有紀

商品詳細を見る


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

邦画 「か」行 | trackback(1) | comment(4) |


<<インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 | TOP | ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー>>

comment












管理人のみ閲覧OK


 

このたびはトラバまで有難うございます。馬です。

で、トラバ有難うございます。馬です。

これ以上感謝の言葉が見つからない脆弱な私をお許しください。


いや~、トラバって本当にいいもんですね~(晴男風に)

2008/06/25 22:18 | 馬面 [ 編集 ]


 

(*´∇`)ノ こんばんは~
これ、ホント前半と後半でまったく感じ方が違いますよねぇ。。。。。
私、なぜか最後泣いてしまいました。。。
でも、エンドロールで自転車こいでる着物のおばちゃん見たらまた笑顔がこぼれたりして★
まだレビューかいてないから私も書きます★

2008/06/26 00:30 | Mary [ 編集 ]


馬さんへ 

お返事*馬さん

いえいえ(´^c_,^` )
コメントありがとうございますw

2008/06/27 00:12 | e r i c a [ 編集 ]


Maryさんへ 

お返事*Maryさん

(´ω`*)こんばんは
訪問&コメントどうもありがとうございます

すごくわかります!
私も最後言葉に詰まってウルウルしてました!
それに同じく、自転車に乗ったおばちゃんの姿見た
時には何かホッとしたりして(笑)

また遊びにきてくださいね

2008/06/27 00:17 | e r i c a [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eker.blog92.fc2.com/tb.php/192-595662f8

クワイエットルームにようこそ
恋人との別れ話から、薬を過剰摂取してしまった明日香は、意識を失っているうちに精神病院の閉鎖病棟に強制入院させられてしまう。 わたしは「正常」なの、それとも「異常」なの? 逃げ場のない閉鎖空間を舞台に、くりひろげられる葛藤の世界。 果たして明日香は絶望の淵... //象のロケット 2008/07/03 09:09

| TOP |

PROFILE

 e r i c a

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

最新の記事

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。