スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


ナンバー23

                                     2008/06/19 (Thu)

ナンバー23 画像

映画 ナンバー23
原題 THE NUMBER 23
製作年度 2007年 上映時間 99分 製作国・地域: アメリカ


ストーリー
ナンバー23
動物管理局に勤めるウォルターは、自分の誕生日に1匹の犬の捕獲に手こずり腕をかまれてしまう
同じ日に、妻から「ナンバー23」という本をプレゼントされ、読み進むうちにウォルターは23という数字に取りつかれ始め・・・・・


【監督】 ジョエル・シューマカー
【製作総指揮】リチャード・ブレナー 、マイク・ドレイク 、トビー・エメリッヒ 、
キース・ゴールドバーグ 、イーライ・リッチバーグ 、ブルックリン・ウィーヴァー
【脚本】 ファーンリー・フィリップス
【音楽】 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
【出演者】
ジム・キャリー、 ヴァージニア・マドセン、ローガン・ラーマン、
ダニー・ヒューストン、 リン・コリンズ、 ローナ・ミトラ、
ミシェル・アーサー、 マーク・ペルグリノ、 ポール・ブッチャー、
エド・ローター、 パトリシア・ベルチャー


DATA
ある1冊の本を手にした男と、その家族が次第に“23”という数字の謎に翻弄(ほんろう)されていく様子をスリリングに映し出す。『エターナル・サンシャイン』のジム・キャリーが平凡な主人公とダークな小説の登場人物の2役を見事に演じ分け、新境地を開拓。謎が謎を呼ぶ展開と衝撃の結末まで、一瞬たりとも目が離せない。(シネマトゥデイ)
・監督は「オペラ座の怪人」のジョエル・シューマカー(23本目の監督作)


ナンバー23 2

        ナンバー23 1

IMAGE
・妖艶 ・ミステリアス ・ドキドキ

感想 ナンバー23
★★★ 3.5
こういう題材やテイストは大好きな方なので
楽しみにして鑑賞しました
一冊の本がきっかけでどんどん主人公が泥沼にはまっていく姿
先の見えない展開や、数字に隠された秘密
どれをとっても面白そうでワクワクします
そして
今回のジムキャリーはお笑い要素を一切ぬいた
セクシーな男性を演じていました
妖艶でミステリアスなこの映画の雰囲気ととてもマッチしていたと思います

昔から外国では実際に「23」という数字は不吉で縁起の悪い数字
とされているということがこの映画の土台としてあるわけなんですが
(日本で言えば4とか9なんかがそんな感じ)

しかし要である23という数字の存在がこれと言って不気味でもなく・・・
それほど大した問題でもないように感じてしまったんですよね
この手の話は一歩間違えば単なるこじつけで終わってしまうので
もっとうならせるような説得力があったら
かなりのめり込んでいたと思います!

数字自体が何かを起こすのではなく
23という数字にとりつかれて妄想や強迫観念などで
目に見える物が濁ってしまった人間その物が
死神と化すといった感じでしょうか・・・

自分を認めたくない、過去に思い出したくない辛い出来事がある
そういった感情が、23という同じ数字が並ぶことで
今までとは違う特別な自分であると思い込みたい、
何かのせいにしたい、現実逃避したいといった
心理を描いている映画のように見えたりと・・・

結局23じゃなくても他の物で代用出来てしまうんじゃないかと
どこかシラッとした気持ちにさせられてしまったのがとても残念・・・

作り手も23という数字にとりつかれちゃえば
もっと面白くなって良かったのかもしれないですね(笑)

とは言え
過剰な期待や思い込みを捨てて
素直な気持ちで鑑賞していれば結構楽しめる映画だと思います。

ナンバー23おすすめ度★★★★☆


ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディションナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション
(2008/04/04)
ジム・キャリーヴァージニア・マドセン

商品詳細を見る


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「な」行 | trackback(2) | comment(2) |


<<さくらん | TOP | いつか読書する日>>

comment












管理人のみ閲覧OK


こんばんは☆ 

私もこういう題材のお話は大好きです。
あまり深く考えないで観るのが良いですねー。

リンクの件ですが、どうぞよろしくお願いします。私もリンクさせていただきますね。

2008/06/22 21:37 | ゆかりん [ 編集 ]


ゆかりんさんへ 

お返事*ゆかりんさん

こんばんは~☆
この手の話ってワクワクしますよね~♪
期待し過ぎはNGってことで(笑)

リンクの件どうもありがとうございました
今後ともヨロシクお願いします^^

2008/06/22 23:28 | e r i c a [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eker.blog92.fc2.com/tb.php/187-29e730dd

ナンバー23
【THE NUMBER 23】R-152007/11/23年公開(11/23鑑賞)製作国:アメリカ 監督:ジョエル・シューマカー出演:ジム・キャリー、ヴァージニア・マドセン、ローガン・ラーマン、ダニー・ヒューストン、リン・コリンズ、ローナ・ミトラこの世はすべて“23”に支配されている。... //映画鑑賞★日記・・・ 2008/06/22 21:33

-
管理人の承認後に表示されます// 2010/09/13 21:26

| TOP |

PROFILE

 e r i c a

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

最新の記事

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。