スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


ベオウルフ/呪われし勇者

                                     2008/06/08 (Sun)

ベオウルフ/呪われし勇者 1
 
映画 ベオウルフ/呪われし勇者
原題 BEOWULF
製作年度 2007年 上映時間 114分 製作国・地域 アメリカ


ストーリー
ベオウルフ/呪われし勇者
伝説的な英雄たちの時代気高き最高の戦士べオウルフは、町を襲う忌まわしき「悪魔」グレンデルを撃退するため、冷酷で魅惑的なグレンデルの母親の怒りを買い、壮絶な戦いを繰り広げることになる・・・・・・・・


【監督】 ロバート・ゼメキス
【製作総指揮】 ニール・ゲイマン 、ロジャー・エイヴァリー 、
       マーティン・シェイファー
【脚本】 ニール・ゲイマン 、ロジャー・エイヴァリー
【音楽】 アラン・シルヴェストリ
【出演者】  レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、ジョン・マルコヴィッチ、
   ロビン・ライト・ペン、 ブレンダン・グリーソン、 クリスピン・グローヴァー、
   アリソン・ローマン、セバスチャン・ロッシェ、 アンジェリーナ・ジョリー


DATA
伝説的な英雄たちの時代を舞台に、最高の戦士ベオウルフの壮絶な戦いが展開する。主人公ベオウルフを演じるのは『ディパーテッド』のレイ・ウィンストン。ベオウルフの敵グレンデルの母親をアンジェリーナ・ジョリーが演じるほか、アンソニー・ホプキンス、ジョン・マルコヴィッチらベテラン勢が脇を固める。ゼメキス監督ならではの壮大でファンタスティックな作品世界が堪能できる。(シネマトゥデイ)
・イギリス文学の「指輪物語」にも影響を与えたという
歴史上最古の英雄叙事詩を、「ポーラー・エクスプレス」の
ロバート・ゼメキスが映画化


ベオウルフ/呪われし勇者 2

IMAGE
・勇敢 ・ファンタジー ・欲望

感想 ベオウルフ/呪われし勇者
★★★★☆
一瞬本物の人間?!と思いきや
見れば「ポーラー・エクスプレス」的な蝋人形のような登場人物たち
実際の役者さんたちを最新技術で映像化することによって
本来だったら出来ない動きが表現されて
この微妙なリアル感が面白いですね
主人公ベオウルフ以外の人間たちが
実際の人間のようにもろくて弱く描かれていることが
現実と非現実の狭間で絶妙なラインで保たれている一つのような気がしました
男性にとっての欲望渦巻く世界 権力・財産・女
欲に手を伸ばせば後には罰が待っているというのに
どんな英雄もフラっと目がくらんでしまうものなんですね~(苦笑)

~以下ネタバレ込み~

ベオウルフ/呪われし勇者 3

ベオウルフが素っ裸で戦っている場面にはあまりの無防備さに
笑ってしまいました「って何で素っ裸っ!」w
実際にそんな英雄が目の前で戦っていたら
緊張感途切れちゃいそうで(笑)
勇ましい男だからそういうこともありなんですかね。

ストーリーはよくあるおとぎ話の一種でいたってシンプルですが
私がこの映画でとても面白く感じたのが
最初に登場してくるあの気持ち悪いグレンデルのデザイン
元は人間なんだろうな~っと想像させる容姿に
耳を破壊すると小さくなるという変わった弱点

ベオウルフ/呪われし勇者 4

そして最後のドラゴンとの戦い
喉を切り裂くと炎がその傷から流れ落ちて
炎がしっかりはけなくなり
ドラゴンの弱点の喉をただ刺せば良いというんじゃなく
その奥の奥に心臓?!があったり!と
そういった発想一つ一つがとても新鮮に感じられました

この映画一般的に評価が割と低そうですけど
個人的に好印象で楽しめた作品でした。


ベオウルフ/呪われし勇者 劇場版(2枚組)ベオウルフ/呪われし勇者 劇場版(2枚組)
(2008/04/11)
ジョン・マルコビッチアンジェリーナ・ジョリー

商品詳細を見る


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「は」行 | trackback(0) | comment(0) |


<<ミーシャ・バートンの Sex in Ohio(セックス イン オハイオ) | TOP | 僕のピアノコンチェルト >>

comment












管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eker.blog92.fc2.com/tb.php/147-0b9cb0b6

| TOP |

PROFILE

 e r i c a

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

最新の記事

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。