スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


クローバーフィールド/HAKAISHA

                                     2008/05/05 (Mon)

映画 クローバーフィールド/HAKAISHA

            クローバーフィールド/HAKAISHA

原題: CLOVERFIELD
製作年度: 2008年
上映時間: 85分
監督: マット・リーヴス
製作総指揮 ガイ・リーデル 、シェリル・クラーク
脚本 ドリュー・ゴダード
出演 マイク・ヴォーゲル、 ブレイク・ライヴリー、
    リジー・キャプラン、 マイケル・スタール=デヴィッド 、
    オデット・ユーストマン


~STORY~
とあるニューヨークの夜、日本への転属が決まり
赴任することになったロブのために、大勢の仲間たちが
サプライズ・パーティーを開く
そのパーティーの最中、突然、とてつもない爆音が聞こえ
彼らが屋上へ行くと、まるで爆撃を受けたかのように
ニューヨークの街がパニックに陥っていた・・・

~DATA~
「M:i:III」のJ・J・エイブラムスによる
徹底した秘密主義の下
映画史上初めてタイトルも隠した映画として
全世界で話題が集中
監督はテレビドラマ「フェリシティの青春」
シリーズなどを手掛けたマット・リーヴス


~IMAGE~
・パニック
・恐怖
・斬新


~以下ネタバレ込み~

クローバーフィールド/HAKAISHA1


~REVIEW クローバーフィールド/HAKAISHA
★★★☆☆
切断された自由の女神の頭が突然
飛んでくる奇妙で恐ろしい映像のCM
を見ては
一体どんな映画なんだろう!
どんなことが起きているんだろうと
興味をかきたてられ上映を楽しみにいってきました

何が原因で何があったのかが結構早めに見えてしまい
はじめの数十分でコマーシャルで感じて期待していた
一体何が起きるのかという心理的恐怖は消えてしまったのが
残念な気持ちがしました
せっかく怪獣の姿を隠して恐怖をあおるために
アマチュアビデオのスタイルで描いているんだから
もうちょっと後半になってから姿が見えた方が
心理的恐怖を楽しめたのではないでしょうかね~・・・。

クローバーフィールド/HAKAISHA2

登場人物の一人が仕事で日本へ行くことになり
エンディングでながれる曲はまさに
○ジラを連想させられる
そんな怪物を退治する側ではなく
普通に生活していた一般人
の視線をブレアヴィッチのようにビデオで追っていく
恐怖から逃げながら自分の友人や恋人を失ったり助けたり
それは緊迫感や恐怖を身近な物に感じて
ドキドキハラハラさせられます

沢山の怪獣映画がある中
これはこれで斬新だな~と途中から
最初に構えていた気持ちから
方向転換して楽しみましたw

わざわざ怪物のいる方へ向かっていく
めずらしい登場人物一つの視点だけじゃなくて

逃げ惑う大勢の普通の人間の中での視点なんかも
もうちょっと見ていたかったですね~。

クローバーフィールド/HAKAISHA3

映画館でこの映画は映像が揺れたりチカチカ光が点滅したり
するため体調のすぐれない方には
良くないなんてことが書いてあって
私大丈夫かな!!!!?なんて
まるでジェットコースターにでも乗る前の
注意書きのようでドキドキしちゃいましたw
確かに!
グラングラン映像が揺れるのは平気だったけど
チカチカ光の点滅が続いた時はちょっとキツかったですw


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「か」行 | trackback(0) | comment(0) |


<<アイ・アム・レジェンド | TOP | M : i : Ⅲ>>

comment












管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eker.blog92.fc2.com/tb.php/128-125b02ac

| TOP |

PROFILE

 e r i c a

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

最新の記事

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。