スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


最終絶叫計画4

                                     2007/06/19 (Tue)

映画 最終絶叫計画4

最終絶叫計画 4




・最終絶叫計画4 DVD

原題 SCARY MOVIE 4
製作年度 2006年
上映時間 82 分
監督 デヴィッド・ザッカー
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン 、ハーヴェイ・ワインスタイン
脚本 クレイグ・メイジン 、ジム・エイブラハムズ 、パット・プロフト
音楽 ジェームズ・L・ヴェナブル
出演 アンナ・ファリス 、レジーナ・ホール 、クレイグ・ビアーコ
   ビル・プルマン 、アンソニー・アンダーソン 、カーメン・エレクトラ
   レスリー・ニールセン 、クリス・エリオット 、モリー・シャノン
   マイケル・マドセン 、シャキール・オニール 、クロリス・リーチマン
   コンチータ・キャンベル 、デレイ・デイヴィス 、サイモン・レックス
   ブライアン・カレン 、ドリュー・ミクスカ


~STORY~
職探しをしていたシンディは不気味な老婦人の世話をすることに
そしてその隣に住む男性トムとお互い惹かれあうそんな中
突如として宇宙人が地球を襲撃、老婦人の家ではシンディの前に
謎の少年が現われ・・・そして
不吉なメッセージを目にしたシンディはその謎を解くため
友人ブレンダと共にまたしても不気味な村へ向かうことに・・・・・

~IMAGE~
・笑い
・パロディ
・楽しい


~REVIEW 最終絶叫計画4
★★★☆☆
何かのDVDにこの最終絶叫計画4の予告が入っていて
無性に観たくなってしまいました(笑)
1、2は観た記憶があるけど・・・3って観たっけな~?!
う~ん忘れてしまったようですw
そんな感じで久しぶりこのシリーズ鑑賞しましたが・・・・
なかなか完成度高めになってるような気がしました!

今回の4では「呪怨」「宇宙戦争」「ザ・ヴィレッジ」「ソウ」
「ミリオンダラー・ベイビー」「ブロークバック・マウンテン」などなどのパロディ
ベースは宇宙戦争&ソウって感じでしょうか
各映画のポイントをつかんでいてかなり本物に近い状態でいながら
とんでもなくオバカなことばっかりやっちゃうのが
比較するとやっぱりおっかしいです(笑)
よく全然違う内容の映画をつなげますね~
無理がある部分も沢山あるけど(ほとんどかもw)
このシリーズのオバカっぷりでフッ飛ばしちゃってましたw

ラストにはトム・クルーズがゲスト出演したトーク番組で
椅子に乗ってジャンプしまっくったり奇抜な振る舞いを見せた
あの「オプラ」でのパロディもあって、
それには爆笑してしまいました(笑)最後の最後にやられたって感じw

相変わらず元ネタを知らないとチンプンカンプンな作りです
今回はだいたい全部知っていたので結構楽しめたのと
やっぱりくだらないけど気負わずのんきに観れてどこか癒されてしまう
シリーズだな~っとあらためて感じたのでした。

スポンサーサイト

       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「さ」行 | trackback(1) | comment(0) |


キャットシッターなんりの猫暮らしマニュアル

                                     2007/06/18 (Mon)

DVD キャットシッターなんりの猫暮らしマニュアル
                  猫暮らしマニュアル

           キャットシッターなんりの猫暮らしマニュアル



       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

その他DVD | trackback(0) | comment(0) |


ヒストリー・オブ・バイオレンス

                                     2007/06/17 (Sun)

映画 ヒストリー・オブ・バイオレンス

ヒストリー・オブ・バイオレンス


原題 A HISTORY OF VIOLENCE
製作年度 2005年
上映時間 96分
監督 デヴィッド・クローネンバーグ
製作総指揮 ケント・オルターマン 、ケイル・ボイター
       ジョシュ・ブラウン 、ジャスティス・グリーン
       ロジャー・カス 、トビー・エメリッヒ
原作 ジョン・ワグナー 、ヴィンス・ロック
脚本 ジョシュ・オルソン
音楽 ハワード・ショア
出演 ヴィゴ・モーテンセン 、マリア・ベロ 、エド・ハリス 、ウィリアム・ハート
   アシュトン・ホームズ 、ハイディ・ヘイズ 、ピーター・マクニール
   スティーヴン・マクハティ 、グレッグ・ブリック


~STORY~
トム・ストールと妻エディは2人の子供たちと静かで幸せな生活を送っていた
だがある夜、トムの営むダイナーが強盗に襲われる
突然銃を突き付けられ、危険を察知したトムは一瞬の隙をつき強盗を射殺
一夜にしてヒーローとしてメディアに取り上げられた 
しかしその出来事をきっかけにトムの平和な生活が一変していく・・・

~DATA~
・監督は「ザ・フライ」のデヴィッド・クローネンバーグ監督
・「バットマン」シリーズで知られるDCコミックスの
  グラフィック・ノベルを映画化

~IMAGE~
・恐怖
・虚しい
・緊迫

ヒストリー・オブ・バイオレンス

~REVIEW ヒストリー・オブ・バイオレンス
★★★☆☆
誰がいつ死んでもおかしくない展開にドキドキしながら
恐る恐る釘付けになってしまいました!
人が銃で撃たれたらこうなる・・・殴られたらこうなる・・・
リアルで結構グロイですね・・・(汗)
殺されるタイミングもふっと気を抜いた時に銃で撃たれたり
想像より一歩前を行く感じがすごかった!!

そしてラブシーンがとにかく現実的で欲望的
迫力があって印象的なシーンですが
長年連れ添っている夫婦
もっと違う愛の深さの描きかたもあったのではないかと
若干シラッとした目で観てしまう部分がありました。

あんなに円満だった家族は どんどん冷え切っていき・・・ 
信頼関係もズタズタ・・・・・・
今までの温かい静かな時間が消え去っていくのが
切ないやら虚しいやら
人生をやり直して平和を手に入れたいけど、
暴力を振るって、人を殺せば済むと
考えてる主人公がやたらと調子よく見えてしまって
イライラっときてしまいました(苦笑)


暴力は結局何もうまないし 
振るえば振るうほど状況は悪い方に進んでいってしまうわけです・・・
殺したらハイ終わり♪では済まされないってことですよね・・・。

子供がお皿をテーブルに並べてあげて
母親の顔をうかがいながら料理を父親の前に置くシーンが
とても心が痛かった・・・。


ヒストリー・オブ・バイオレンスヒストリー・オブ・バイオレンス
(2006/09/08)
ヴィゴ・モーテンセンエド・ハリス

商品詳細を見る


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「は」行 | trackback(0) | comment(0) |


40歳の童貞男

                                     2007/06/16 (Sat)

映画 40歳の童貞男

40歳の童貞男 無修正完全版



原題 THE 40 YEAR OLD VIRGIN
製作年度 2005年
上映時間 116分
監督 ジャド・アパトー
製作総指揮 スティーヴ・カレル 、ジョン・ポール
脚本 ジャド・アパトー 、スティーヴ・カレル
音楽 ライル・ワークマン
出演 スティーヴ・カレル 、キャサリン・キーナー 、ポール・ラッド
   ロマニー・マルコ 、セス・ローゲン 、エリザベス・バンクス
   レスリー・マン 、ジェーン・リンチ 、シェリー・マリル
   カット・デニングス 、ナンシー・ウォールズ 、ジェリー・ベッドノブ
   ミンディ・カリング 、エリカ・ヴィッティナ・フィリップス
   モー・コリンズ 、ストーミー 、ミキ・ミア


~STORY~
家電量販店で働くアンディは自分の趣味を持ち
充実した日々を送っていた
しかしある晩ポーカーの最中に同僚たちに自分が40歳で童貞だと
バレてしまった・・・・・
そんな時向かいの店で働く女性トリシュと運命的な出会いをすることに・・・

~DATA~
主人公を演じたのは、「奥さまは魔女」のスティーヴ・カレル
恋人役に「マルコヴィッチの穴」のキャサリン・キーナー



~IMAGE~
・笑い
・コミカル
・楽しい


40歳の童貞男

~REVIEW 40歳の童貞男
★★★☆☆
オタクの40歳っという設定ですが
フィギュアを沢山集めてるだけで 全然オタク度低い感じでw
気持ち悪さもなく
非常に爽やかでなかなか社交的な主人公(笑)
しかも周りにいる誰よりも人を好きになるってことに 
しっかりした考えを持っていて
すっごく普通の男性に見えたりして(笑)
題名からしてやっぱりどこか女性が受け付けない的な
40歳なのかな~(汗)なんて想像していたので
爽やかぶりに若干拍子抜けしちゃいましたw
っとこの中途半端な主人公がこの映画の面白さを半減させてるような・・・
年齢的に大人だからか
ハチャメチャぶりもあまりないし
出てくる人がとにかくまともでキャラで笑わせる人がいないせいか
ちょっと長く感じてしまいました・・・。
アメリカンパイ的なハチャメチャオバカぶりを想像してしまっていた
私の問題かもしれないんですけどね(笑)

40歳の童貞男

観てる間中どうもドラマっぽい手法だったりカメラワークだったりと
映画って感じではないな~っと思っていたら
この監督さんはやっぱり普段手がけてるのはドラマが多いようで

TV界では
監督・脚本・製作を務めたTVシリーズ「The Larry Sanders Show」で
5度のエミー賞ノミネートを果たし2年連続Cable Ace Awardを受賞
同じく脚本・製作を担当した「The Ben Stiller Show」では
エミー賞最優秀脚本賞に輝いていてTV界ではとても活躍してる監督さんなんですね~
この映画もドラマだったらもっと面白かったかもしれないな~
映画としてだったら30分は余分な気がするから削った方がスッキリ
楽しめたかもなどと思いました

40歳の童貞男

結構真面目なラブストーリーに最後はちょっとウルっときたところもあって
完璧な100%コメディーとして観ないで70%コメディーくらいって
思って観たら良かったかもしれないですね~
エンディングの歌と踊りがこの映画のテイストと違って可笑しかったです(笑)


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「や」行 | trackback(1) | comment(2) |


ハッスル&フロウ

                                     2007/06/10 (Sun)

映画 ハッスル&フロウ

ハッスル&フロウ



原題 HUSTLE & FLOW
製作年度 2005年
上映時間 116分
監督 クレイグ・ブリュワー
製作総指揮 ドワイト・ウィリアムス
脚本 クレイグ・ブリュワー
音楽 スコット・ボマー
出演 テレンス・ハワード 、アンソニー・アンダーソン 、タリン・マニング
   タラジ・P・ヘンソン 、DJクオールズ 、アイザック・ヘイズ
   リュダクリス 、ポーラ・ジャイ・パーカー 、エリゼ・ニール


~STORY~
メンフィスのポン引きのDジェイにも、かつてラッパーになるという夢があった
ある日、彼は同郷の人気ラッパー、スキニー・ブラックが
凱旋公演をするといううわさを聞き
それをきっかけにもう一度夢を追いかけてみようと
早速旧友のケイらとデモ・テープ作りを始めるが・・・・・

~DATA~
・監督は物語の舞台と同じく
 メンフィス出身のクレイグ・ブリュワー監督
・ラッパーのルダクリス出演
・2005年サンダンス映画祭で観客賞
 アカデミー賞で歌曲賞を受賞


~IMAGE~
・カッコイイ
・感動
・笑い

ハッスル&フロウ

~REVIEW ハッスル&フロウ
★★★★★
全体的に粒子粗めの映像で、殺伐とした空気をリアルに感じました
ポン引きと一つの家で数人一緒に暮らしてる暑っ苦しい部屋の
ジト~っとした感じや
娼婦たちも味のある、こなれた感が
あって、荒れた日常が無理なく伝わってきます

そんな殺伐とした日常の中に音楽という希望の光が一つのきっかけで
見えてきて、夢をもう1度追いかけようと
最後のアメリカン・ドリームへと進みだすわけですが

その光景が想像していた以上に楽しかった!

ハッスル&フロウ

デモテープを作り上げるまでの手作り感あふれる部屋の防音設備から
楽器集め、歌詞作り、コーラスなどなど本当に1からのスタートで
観ているこっちも一緒になって一つずつ進んでいく姿に喜びを感じたり
感動したりとても親近感がわいてきました。

最近の成長物(音楽やダンスだったり)ってその過程を回想シーンでとばしたり
かっこよく見せようと演出をしたりする物が多くて、自分の中でいつも
不完全燃焼な気持ちでちょっとがっかりする物が多かったんですけど
この映画で最近のうっぷんがちょっとスッキリしました(笑)

また大雑把に言えば・オジサンに・デブに・ヤセという個性的な
どこかぬけてそうで人の良さそうな感じのする人たちが
ラップに取り組んでいる姿も身近に感じてどこか微笑ましくて好感を持ちましたw
その姿は殺伐とした映画だったことを忘れてしまうかもw
曲作りの間は一緒になってノリノリになる感じでした。

だけどこのまますんなりラストまでいくのかと思いきや!

ハッスル&フロウ

とんでもなかった!

すっかり感情移入してるだけにハラハラ、ドキドキ
なんで!そうなっちゃうの~~~!と複雑な心境
現実って厳しい~・・・・。
そして最後は・・・・w
ラストを見届けるまで安心できません・・・。



夢に向かってこつこつと一生懸命頑張ってる姿ってやっぱり
いいですね、現実的でありながらも夢やパワーを感じた映画でした。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「は」行 | trackback(0) | comment(0) |


キンキーブーツ

                                     2007/06/01 (Fri)

映画 キンキーブーツ

キンキーブーツ



原題 KINKY BOOTS
製作年度 2005年
製作国・地域 アメリカ/イギリス
上映時間 107分
監督 ジュリアン・ジャロルド
製作  ニコラス・バートン ピーター・エテッドギー スザンヌ・マッキー
脚本 ジェフ・ディーン 、ティム・ファース
音楽 エイドリアン・ジョンストン
出演 ジョエル・エドガートン 、キウェテル・イジョフォー
   サラ=ジェーン・ポッツ 、ジェミマ・ルーパー 、リンダ・バセット
   ニック・フロスト 、ユアン・フーパー 、ロバート・パフ


~STORY~
父親の突然の死により、倒産寸前の靴工場を相続した
優柔不断な青年チャーリー
工場の起死回生に頭を悩ませる彼は、偶然出会った
ドラッグクイーンのローラからインスピレーションを得て、
ドラッグクイーン用のセクシーなブーツを
新商品として開発しようと思いつく・・・・・

~DATA~
100年の伝統を誇るノーサンプトンの
伝統的な靴業者4代目スティーブ・ペイトンマンを
モデルとした、実話に基づいて作られた作品


~IMAGE~
・楽しい
・温かい
・感動


キンキーブーツ

~REVIEW キンキーブーツ
★★★★☆
私の大好きな映画の一つ「カレンダーガールズ」の
製作ニック・バートンとスザンヌ・マッキーに
脚本のティム・ファースが再集結!ということで
これはもう!温かい映画であろうと期待に胸膨らませて鑑賞しましたw
とても素敵な映画だった・・・・・ 

キンキーブーツ

ドラッグクイーン(オカマちゃん)役の
キウェテル・イジョフォーが無理にオカマっぷりを表現してるわけじゃなく、
自然に女性らしい表情や身のこなしを見せていて
すごく真剣に向き合って勉強して演じているんだな~
っという印象を受けました!女性らしいけどパワフルでセクシーで
ごつめの男性ってことを一瞬忘れてしまいそうに(笑)
懐かしさを感じるオシャレで楽しい音楽も
映画のセンスとマッチしてバランスが良い感じです。

そして本物の昔からの工場での撮影は
靴を作る職人さんたちが長い間使い込んできた
味のある温かみが感じられて
不思議と落ち着くような気持ちになります
割とサラッとテンポ良く流れていっちゃったけど
ブーツや靴が出来上がる工程を見るのも面白かった~

キンキーブーツ

ただ温かいだけじゃなく、弱い人間が本当の強さを、幸せを
色々な人たちに支えられながら見つけ出していくと言う
勇気をもらえてホワっと楽しいハートフルな映画でした。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「か」行 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

PROFILE

 e r i c a

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

2007年06月の記事

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。