スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


「ハリポタ」3人組、シリーズ第7作までの出演が決定

                                     2007/03/29 (Thu)

「ハリポタ」3人組、シリーズ第7作までの出演が決定

ハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフに続いて、ロン役のルパート・グリント、ハーマイオニー役のエマ・ワトソンが、シリーズ完結となる第7作「ハリー・ポッターと死の秘宝(仮題)」までの出演契約を交わしたことが明らかになった。エマ・ワトソンに関しては、先日、降板の噂も流れたが、これは単なるデマだった模様。2010年全米公開と言われている最終話まで、主要キャラクターが同じ役者によって演じられることが決定し、ファンはひと安心というところだろう。
(eiga.comより)



~hitokoto~
ずっと、エマ・ワトソンが降板しそうな感じだったから
他の役者さんになっちゃうのは嫌だな~っと思ってたけど
完結まで3人変わらなくて良かったですね!
ハリー・ポッターファンの方たちは一安心といったところでしょうか。
シリーズってやっぱり同じ役者さんじゃないと
途中で見る気がしなくなってしまいがちだし
成長を見ていくのも楽しみの一つですもんね~。

スポンサーサイト

       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

映画のニュース | trackback(1) | comment(0) |


アメリカン・ドリームズ

                                     2007/03/26 (Mon)

映画 アメリカン・ドリームズ

アメリカン・ドリームズ


製作年度 2006年
上映時間 107分
監督 ポール・ワイツ
製作総指揮 ケリー・コハンスキー 、クリス・ワイツ
脚本 ポール・ワイツ
音楽 スティーヴン・トラスク
出演 ヒュー・グラント 、デニス・クエイド 、マンディ・ムーア
   マーシャ・ゲイ・ハーデン 、ウィレム・デフォー 、クリス・クライン
   サム・ゴルザーリ 、アダム・ブッシュ 、トニー・ヤルダ 、ジュディ・グリア
   ショーレ・アグダシュルー 、セス・マイヤーズ 、ジョン・チョー
   バーナード・ホワイト 、カーメン・エレクトラ

~STORY~
全米が熱狂しているスター誕生番組「アメリカン・ドリームズ
プロデューサー兼司会者のマーティンは視聴率のことしか頭にない
超自己チュー男・・・彼が今回発掘した候補者は、
優勝のために元カレを利用する美少女、ミュージカルを愛するテロリストの男、
エッチなラップで人気を狙うやつなどなど個性派揃い
そしてゲスト審査員には繊細かつ気弱な大統領が参戦することに・・・・

~DATA~
アメリカの高視聴率番組「アメリカン・アイドル」を土台に
『アバウト・ア・ボーイ』の監督・主演コンビが贈る
現代アメリカ社会を皮肉ったブラックコメディ

~IMAGE~
・ブラックユーモア
・笑い
・楽しい

アメリカン・ドリームズ

アメリカン・ドリームズ

アメリカン・ドリームズ

アメリカン・ドリームズ

~REVIEW アメリカン・ドリームズ
★★★☆☆
映画「ドリーム・ガールズ」のジェニファー・ハドソンも出場していた
全米で記録的な視聴率を獲得、視聴者参加型公開オーディション番組
「アメリカン・アイドル」が土台になっていると言うことで
早速、アメリカン・アイドルBEST版をレンタルして鑑賞してから
この「アメリカン・ドリームズ」に挑みました!!

ボケボケして、自分では何も意見できない大統領・・・。
テロリストは中東の人間・・・。
女性はスターになるためにしたたかさを惜し気もなくあらわに・・・。
皮肉の利いたセリフなどなど、ブラックユーモアに笑っちゃいけないかな
とか思いつつも、クスクス笑ってしまいましたw
ラストはドタバタな感じなんですけど、これがちょっぴり
切なかったりしてホンワリとウルっとしてしまいました・・・。
ヒュー・グラント演じる司会者があの人のつもりかな~!?
決勝の裏側ってこんな感じなのかな~!?などとアメリカン・アイドルと
照らし合わせて観ることもできたので違った楽しみ方ができました♪



「アメリカン・アイドルのDVDは」

BEST版 と WORST版 が出ているみたいなんですが
今回私がレンタルしたのは番組の総合的な紹介が入っている
BEST版の方でした。

色々な人種が集まる国ならではのユニークで個性的な人たちが
オーディションに参加してくるんですけど
これが!!!(笑)それは歌ですか?!どうしたらオーディションに
こようと思えるわけ~!!ってくらい音痴な人だったり
歌そっちのけでパフォーマンスに熱中しちゃってたりと笑わずに
見ていられない個性的な人がいっぱいなんです(笑)
超!毒吐きまくり審査員が一人いるんですけど
そんな人たちが可哀想なほどケチョンケチョンにけなされて、「え!何で???」
って表情をするのも必見です(笑)
この個性的な人たちだけを集めたバージョンがWORST版のようで、
BEST版には少し収録されていました。

そして合格する人はやっぱりスゴイ!!
迫力のある歌声、聞き惚れてしまう歌声なんですね~!!
(ちょっと編集の仕方が変で、最後にまとめて勝ち抜いた人たちの
歌う場面が収録されているんですが・・・)
最後どっちが選ばれるか!というシーンは出場者の緊張感が伝わってきます。
そして選ばれた瞬間、なんかこっちまで感極まる感じ・・・
ジェニファー・ハドソンの歌声は聴けなかったものの
出場している姿が見れました♪

自分で応援している人が勝ち抜いていくって嬉しいですよねきっと!
私もアメリカに住んでいたらこの番組、すごく楽しみにして
投票してるかもしれないな~・・・。

今度はWORST版を観てみたいと思いますw


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「あ」行 | trackback(0) | comment(0) |


陽気なギャングが地球を回す

                                     2007/03/25 (Sun)

映画 陽気なギャングが地球を回す

陽気なギャングが地球を回す プレミアム・エディション


製作年度 2006年
上映時間 92分
監督 前田哲
原作 伊坂幸太郎
脚本 長谷川隆 、前田哲 、丑尾健太郎
音楽 佐藤“フィッシャー”五魚
出演 大沢たかお 、鈴木京香 、松田翔太 、佐藤浩市 、大倉孝二
    加藤ローサ 、三浦知紘 、中山祐一朗 、古田新太 、大杉漣
    篠井英介 、松尾スズキ 、木下ほうか 、光石研

~STORY~
他人の嘘がわかってしまう男と
コンマ1秒まで正確に時を刻むことのできる体内時計を持つ女
演説をさせたら右に出る者はいない男と
若き天才スリ師・・・・・その4人はロマンあふれる強盗を計画し
そして実行に移すのだが・・・・・・・

~DATA~
伊坂幸太郎の小説「陽気なギャングが地球を回す」を
映画化したスタイリッシュな犯罪映画

~IMAGE~
・カッコイイ
・お洒落
・楽しい

陽気なギャングが地球を回す

陽気なギャングが地球を回す

陽気なギャングが地球を回す

陽気なギャングが地球を回す

~REVIEW 陽気なギャングが地球を回す
★★★☆☆
ポップでレトロな感じの原色ハデハデファッションの目立ちまくりの
ギャングたちなんですけど、それを皆さん見事に着こなしていて
カッコよかったです!!
和田倉プロデューサーは「ぜいたくにバカ映画を作る!」と
宣言していたそうですが、まさにそんな遊び心を感じる映画でした(笑)
ストーリー的には途中から単純さに
少し集中力が切れてしまうところもあったけれど、
脳天気で陽気なテイストに重みのある役者さんたちを
キャスティングしてるところがまた独特な空気をかもし出しています。

日本離れした色使いやオシャレなファッションと音楽
そしてかっこいい登場人物たち・・・
目で楽しむことのできる映画でした。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

邦画 「や」行 | trackback(2) | comment(0) |


プラハ!

                                     2007/03/23 (Fri)

映画 プラハ!

プラハ!


製作年度 2001年
製作国・地域 チェコ
上映時間 110分
監督 フィリプ・レンチ
脚本 フィリプ・レンチ 、ズデネク・ゼレンカ
音楽 ヤン・カルーセク
出演 ズザナ・ノリソヴァー 、ヤン・レーヴァイ 、ヤロミール・ノセク
    アンナ・ヴェセラー 、ルボシュ・コステルニー
    アルジュヴェタ・スタンコヴァー 、マルタン・クバチャーク

~STORY~
舞台は1968年のチェコスロヴァキア
人々が「プラハの春」と呼び自由な時代を謳歌していた頃のこと
テレナ、ブギナ、ユルチャはもうすぐ高校卒業を控えた仲良し3人組
素敵な恋愛を夢見て背伸びをしたがるキュートな女の子たち
そしてアメリカを夢見て軍を脱走した若い兵隊シモン、ボプ、エマン
が街へとやってきた
テレザとシモンは偶然出会い・・・・
恋に落ちるが・・・・・

~DATA~
チェコにおいて国民の20人に1人が観たという大ヒット映画 
サウンドトラックはチェコ史上最高販売数を記録

~IMAGE~
・可愛い
・楽しい
・切ない

プラハ

プラハ

~REVIEW プラハ!
★★★★☆
とってもキュートでした!!
60年代のレトロなファッションがポップでスタイリッシュで
キュートな感じがそれを見てるだけで
女の子なら目がハートになって心がウキウキしてくるような感じ!

テレザ役のスザナ・ノリソヴァーは美人を絵に描いたような人で
綺麗なだけじゃなくってとってもキュートでお人形みたいです!
60年代のファッションと髪型や小物がすっごく似合っていました。
男の子のキャラもすっごく濃いこと!!みんな味のある顔をしてる(笑)

軽快な楽しい音楽に合わせて歌って踊るミュージカルシーンは
一緒になって体を揺らして踊りだしたくなりますね~w
そして素敵な男性に恋をして胸がキュンとなるような
キュートで楽しい要素がいっぱいな映画で終わるのかと思いきや!!

この映画はそれだけでは終わりません・・・・・

プラハの春」と呼ばれる1968年の春から夏にかけて
チェコスロヴァキアで起きた改革運動 
第二次世界大戦後の冷戦時代 共産主義の中で
チェコスロヴァキアは民主化を目指しますが 
突然のソ連からの侵攻により改革は終結・・・・・
チェコの国民が深く失望した「プラハの春」事件を真正面から描いている
社会派映画でした・・・・・

しかし心の悲しみの影の部分を前面に押し出すのではなく
雪解けのかいほうに向かう晴れ晴れしい心の描写もされている
エンターテインメント作品だと思いました
チェコの人々にとってこの事件はたくさんの影響をあたえ
重く心の中に残っているからこそ
たくさんの人がこの映画に足を運んだのかもしれないですね・・・。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「は」行 | trackback(0) | comment(0) |


硫黄島からの手紙

                                     2007/03/23 (Fri)

映画 硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)



製作年度 2006年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 141分
監督 クリント・イーストウッド
製作総指揮 ポール・ハギス
原作 栗林忠道 、吉田津由子
脚本 アイリス・ヤマシタ
音楽 カイル・イーストウッド 、マイケル・スティーヴンス
出演 渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮
   松崎悠希 、中村獅童 、裕木奈江

~STORY~
1945年2月19日
アメリカ軍の上陸とともに始まった硫黄島をめぐる攻防は
アメリカ側の圧倒的な戦力の前に5日もあれば終わるとされていた
しかし その硫黄島戦を36日間にも及ぶ長期戦へと変貌させ
戦史に残る戦いへと変えた男たちがいた・・・

~DATA~
第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる
「硫黄島の戦い」を、日本側の視点から描いた戦争映画
クリント・イーストウッド監督2部作 
第2弾「硫黄島からの手紙


~IMAGE~
・恐怖
・悲しい
・絶望的

硫黄島からの手紙画像

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙

~REVIEW 硫黄島からの手紙
★★★★★
アメリカと日本の視点がこれだけ平等に描かれてることに
ものすごく感心させられました
日本の役者さんの顔ぶれも鋭い人選で役柄にピタッとはまっていて
それぞれに素晴らしい演技をみせてもらったと思います!
特に二宮クンが、今風?の若者っぽいと言ったらいいのか
当時では考えられない暴言をはいたりと
昔と現代とをうまい具合に橋渡ししてくれるような存在で、
共感しながら観ることができました。



~以下少しネタバレ込み~


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「あ」行 | trackback(4) | comment(0) |


父親たちの星条旗

                                     2007/03/23 (Fri)

映画 父親たちの星条旗

父親たちの星条旗 (特別版)



製作年度 2006年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 132分
監督 クリント・イーストウッド
原作 ジェームズ・ブラッドリー 、ロン・パワーズ
脚本 ポール・ハギス 、ウィリアム・ブロイルズ・Jr
音楽 クリント・イーストウッド
出演 ライアン・フィリップ 、ジェシー・ブラッドフォード 、アダム・ビーチ
    ジェイミー・ベル 、バリー・ペッパー 、ポール・ウォーカー
    ジョン・ベンジャミン・ヒッキー 、ジョン・スラッテリー 、ロバート・パトリック
    ニール・マクドノー 、メラニー・リンスキー 、トム・マッカーシー
    クリストファー・バウアー 、ジュディス・アイヴィ 、スコット・リーヴス
    スターク・サンズ 、ジョセフ・クロス 、ベンジャミン・ウォーカー
    マイラ・ターリー 、アレッサンドロ・マストロブーノ 、ジョージ・グリザード
    ハーヴ・プレスネル 、ジョージ・ハーン 、レン・キャリオー
    クリストファー・カリー 、ベス・グラント 、コニー・レイ 、アン・ダウド
    メアリー・ベス・ペイル 、デヴィッド・パトリック・ケリー 、ジョン・ポリト
    ネッド・アイゼンバーグ 、ゴードン・クラップ 、カーク・B・R・ウォーラー
    トム・ヴェリカ 、ジェイソン・グレイ・スタンフォード

~STORY~
アメリカ軍は対日本戦線の重要ポイントに位置づけられる
硫黄島についに上陸を果たす
ところが日本軍の抵抗で戦況は先の見えない状態に
そんな折 擂鉢山の頂上に星条旗が掲げられた
この瞬間を捉えたたった1枚の写真がアメリカ中で大反響を呼び
星条旗を掲げた6名の兵士は一躍アメリカの英雄となった
しかしそれは彼らにとって苦悩の日々の始まりだった・・・・・

~DATA~
監督は「ミリオンダラー・ベイビー」 「ミスティック・リバー」の
        クリント・イーストウッド 
硫黄島 2部作の第1弾 「父親たちの星条旗


~IMAGE~
・恐怖
・虚しい
・迫力
 
父親たちの星条旗画像

父親たちの星条旗

父親たちの星条旗 父親たちの星条旗

父親たちの星条旗

~REVIEW 父親たちの星条旗
★★★★★
この父親たちの星条旗では
アメリカ側から感じる日本の不気味さ強さ恐ろしさがとても伝わってきました
日本軍の絶対に逃げないという覚悟はきっと戦ってる相手としたら
相当恐ろしかったと思います・・・


~以下少しネタバレ込み~


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「た」行 | trackback(2) | comment(2) |


ホステル

                                     2007/03/21 (Wed)

映画 ホステル

ホステル コレクターズ・エディション 無修正版


製作年度 2005年
上映時間 93分
監督 イーライ・ロス
製作総指揮 クエンティン・タランティーノ 、スコット・スピーゲル
         ボアズ・イェーキン
脚本 イーライ・ロス
音楽 ネイサン・バー
出演 ジェイ・ヘルナンデス 、デレク・リチャードソン 、エイゾール・グジョンソン
   バルバラ・ネデルヤコーヴァ 、ヤナ・カデラブコーヴァ
   ヤン・ヴラサーク 、リック・ホフマン 、三池崇史 、ジェニファー・リム

~STORY~
バックパッカーをしながらヨーロッパ各地を旅行している
アメリカ人大学生パクストンとジョッシュ
道中出会ったアイスランド人オリーも加わり、刺激を求める3人の旅は
次第に過激さを増していく・・・・・
そんな彼らはある情報を耳にしさっそくその場所へと向かうが・・・・

~DATA~
ロス監督のたっての希望により三池崇史監督がちらりと特別出演


~IMAGE~
・グロイ
・残酷
・恐ろしい

ホステル画像

~REVIEW ホステル
★★★★☆
想像していたよりもグロシーンに固執しているわけではなくて
結構コメディ要素もふんだんで、最後にはスッキリ感を味わえる
爽やか青春コメディホラー映画でした。
淫らな欲望を満たそうと美女に近寄り脳天気に旅する若者の姿はまるで
「アメリカンパイ」でも観てるような(笑)・・・・・・・・・・・・・。

な~んて!のんきなこと今だから言えちゃってますが!!!

残虐グロシーンがスタートしてしまったら!
もう薄目で状況を把握するので精一杯!!
手足をイスに手錠で繋がれて、身動きとれない登場人物、その周りには
電気のこぎりやらメスやらよくわからない物までありとあらゆる道具
が置いてあるんですよ~(泣)
もうどんな拷問をされるのか私の頭の中で恐ろしい状態がグルグルと
回ってしまい、恐怖でこっちが倒れそうになりました(苦笑)
グロ好きさんにとったらきっと「もっと血をよこせ~!」
「もっとグロイ映像見せろ~!」と物足りなさを感じるのかもしれないですね。
私的にはそういったシーンに固執してなくて、救われた~って感じでした(笑)

そして最後どんな展開で終わるのか
ホラーって予想を裏切ることが多いということもあり&
いつまた残虐なシーンが飛び出すか!ドキドキ!ハラハラ!
最後の最後まで常に構えて緊張しっぱなしでした(汗)
観た後はジェットコースターにでも乗っていたかのような状態に陥って
もうグッタリです・・・。
私はグロが苦手だな~とあらためて実感してしまいました・・・(笑)

これから旅行する時は気をつけなくてはいけませんね~!!!
ハメをはずし過ぎると・・・もしかして・・・・・・・・・・・・(汗)


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「は」行 | trackback(3) | comment(0) |


| TOP | next >>

PROFILE

 e r i c a

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

2007年03月の記事

→次のページ

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。