スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


スーパーバッド 童貞ウォーズ

                                     2008/08/17 (Sun)

映画 スーパーバッド 童貞ウォーズ
原題 SUPERBAD
製作年度 2007年  製作国・地域 アメリカ 上映時間 113分

スーパーバッド 童貞ウォーズ

ストーリー
スーパーバッド 童貞ウォーズ
セス、エバンとフォーゲルは、オタクな高校生。友達というトモダチはいないので、3人で毎日つるんでる。そして話題といえば、明けても暮れてもエンドレスに続く女の子の生態系とH話! ある日、カワイイ同級生に人生で初めてパーティに誘われた!“来る時にお酒を持ってきて♪”のお願いに驚きと嬉しさで出来るかどうかもわからないコトをひとつ返事でOKしてしまった。が、卒業前にとうとうHができるかも(!?)という貴重なチャンスを得た3人は、お酒をGetしないわけにはいかない!彼らはお酒と引き換えに初Hに臨めるか!?

【製作総指揮】 エヴァン・ゴールドバーグ 、セス・ローゲン
【原作】 -
【音楽】 ライル・ワークマン
【脚本】 セス・ローゲン 、エヴァン・ゴールドバーグ
【出演者】
ジョナ・ヒル、マイケル・セラ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、
ビル・ヘイダー、 セス・ローゲン、マーサ・マックアイサック、
エマ・ストーン、アヴィヴァ、ケヴィン・コリガン、
エリカ・ヴィッティナ・フィリップス、ジョー・ヌネズ、
ステイシー・エドワーズ、デヴィッド・クラムホルツ

DATA
40歳の童貞男』の監督&フィルムメーカー製作で贈る、抱腹絶倒のエロ・コメディ

スーパーバッド 童貞ウォーズ画像2

感想 スーパーバッド 童貞ウォーズ
★★★★☆
DVDの写真の3人の男の子たちが
良い味だしてるな~と興味をひかれてレンタルした映画ですw
アホな下ネタの連発 本当にモテなさそうな男の子3人(一人はそうでもなかったけどw)
結構笑える おバカ青春コメディでした☆

しかし!
この映画はそれだけじゃない何かキラリと光る物があるんです

作者の青春時代がそうであったんじゃないかと思えるエピソードたち
甘酸っぱいような せつない懐かしい気持ちを感じたり
男の子たちの間で女の子が優先順位1番になる前の
ハートや友情の移り変わりを繊細に描いているという感じで
大人になった自分から青春時代を温かい目であらためて振り返ってる印象を受けました

それに女の子を遠くから見ているだけの男の子なだけに
実際の女の子の存在は二の次で男友達同士ゲットするまでが最大のお祭り騒ぎ
女の子っていう生き物がまだまだ幻想であり架空の存在であるという感じが
伝わってくるのがホントっぽくて凄く良かった

もちろんアメリカン・パイなんかもストーリーから言ったら同じような物なんですが
このスーパーバッド 童貞ウォーズには作者の深い愛情が感じられるんですよね
大切にしまってある宝箱でも見せてもらってるようでした

色々なことをくぐり抜けて成長した大人から
今まさに青春を謳歌している少年たちにエールを送ってるようにも思えます
とんでもなく現実離れした無茶をする大人の警官二人が
現時点での作者の心境を代表して語ってるような気がする。

女性が観ても面白いけど(こういう系統の映画がOKな人に限りますけどw)
男性が観て感じることがたくさんありそうな青春映画でした。

スーパーバッド 童貞ウォーズおすすめ度★★★★☆


スーパーバッド 童貞ウォーズ コレクターズ・エディションスーパーバッド 童貞ウォーズ コレクターズ・エディション
(2008/01/23)
ジョナ・ヒルクリストファー・ミンツ=ブラッセ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「さ」行 | trackback(0) | comment(4) |


スパイダー パニック!

                                     2008/07/28 (Mon)

スパイダー・パニック

映画 スパイダー パニック!
原題 ARAC ATTACK/EIGHT LEGGED FREAKS
製作年度 2002年 上映時間 99分 製作国 アメリカ


STORY
スパイダー パニック!
クモ好きの少年マイクは異常に発達したクモの脚先を発見し、保安官の母、サムに事の重大さを知らせるが全く受け付けてもらえない。そして間もなく巨大化したクモの大群が町のはずれに出現! サムは地主の息子で幼なじみのクリスや副保安官のピート、私設ラジオ・アナウンサーのハーランらと共に住民へ警告を発してショッピング・モールへと避難するが・・・・・
【監督】 エロリー・エルカイェム
【製作総指揮】 ローランド・エメリッヒ 、ウィリアム・フェイ 、ピーター・ウィンサー
【脚本】 ジェシー・アレクサンダー 、エロリー・エルカイェム
【音楽】 ジョン・オットマン
【出演者】
デヴィッド・アークエット、カリ・ウーラー、スコット・テラ、
スカーレット・ヨハンソン、ダグ・E・ダグ、
リック・オーヴァートン、レオン・リッピー、アイリーン・ライアン、
マット・ズーチュリー、ジェイ・アーレン・ジョーンズ、
ライリー・スミス


DATA
有毒廃棄物の影響で突然変異し、人々へ襲いかかってくる巨大グモの大群と、それに応戦する片田舎の住民の姿を描くB級巨大生物パニック・コメディ。主演には「スクリーム」シリーズのデヴィッド・アークエット。
・製作総指揮は「インデペンデンス・デイ」のローランド・エメリッヒ


スパイダー・パニック画像2

REVIEW スパイダー パニック!
 ★★★★☆
いや~虫大っ嫌いで鳥肌立ちまくりながら鑑賞したんですけど(笑)
何かすごく面白かったです♪
面白かったというより楽しかったっていう表現の方が合ってるかも
クモ飼育農場で育てていた何百匹という色々な種類のクモたちが
有毒廃棄物によって巨大化して次々と人間や動物を襲いにくる!

最初の標的にされるのが無抵抗のペットや動物たちで
容赦なく餌食になっちゃう(泣)それがすごく悲しいんだけど
そんな場面も何かコミカルな描かれ方をしていてちょっと救われました

もう何百匹もうじゃうじゃ動いているクモを見るだけでもゾッとしちゃいますが
それが巨大化しちゃうんですから!!

巨大化したクモたちは強いですね~!
何かただの虫っていうかもうエイリアンのようでした

車でスピード出して逃げようとする人間たちを
ピョンピョンジャンプして追いかけてくる~(汗)
その跳躍力ったら凄いんですからw
何かコミカルな感じがちょっとグレムリンを思い出したりもw

その中でもカッコイイな~と見とれたのが

巨大タランチュラ!!!!

スパイダー・パニック画像1

のっそのっそとゆっくり人間に向かってくるんですけど
その存在感と力の強さが大物って感じでした☆


巨大なクモから必死に逃げ回る緊迫感もありながら
終始どこかアットホームなこのスパイダー パニック!
笑いが散りばめられ人間ドラマから見せ場のクライマックス様々な要素が
そつなく描かれていて
監督の子供心を感じる高級なB級映画といった感じでしょうか

個人的に楽しくてちょっと元気になった映画でした(笑)


スパイダー・パニックスパイダー・パニック
(2008/04/11)
デイビッド・アークエット

商品詳細を見る


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「さ」行 | trackback(0) | comment(4) |


ザ・ビースト/巨大イカの逆襲

                                     2008/07/07 (Mon)

                     ザ・ビースト/巨大イカの逆襲

映画 ザ・ビースト/巨大イカの逆襲
別題 ビースト/巨大イカの大逆襲
原題 THE BEAST
製作年度 1996年  上映時間 113分  製作国・地域 アメリカ


ストーリー
ザ・ビースト/巨大イカの逆襲
ニュー・イングランドの小さな漁港で若いカップルの失踪事件が起きる遭難事故かと思われたが、続発する類似事件に町は揺れ動くやがてそれは想像を絶する巨大なイの仕業によるものだと判明海洋学者は漁のエキスパート、ダルトンと女性警察官キャスリンの協力を得て巨大イカの捕獲に出発する・・・・・

【監督】 ジェフ・ブレックナー
【製作総指揮】 ピーター・ベンチリー 、ダン・ウィグトゥ
【原作】 ピーター・ベンチリー
【脚本】 ジェフ・ブレックナー 、J・B・ホワイト 、クレイグ・D・リード
【音楽】 ドン・デイヴィス
【出演者】
ウィリアム・ピーターセン、ラリー・ドレイク、カレン・サイラス、
チャールズ・マーティン・スミス、ロナルド・ガットマン、
ミッシー・クライダー 、スターリング・メイサー・Jr、
デニス・アーント、 ブルース・アレキサンダー


DATA
・JAWS/ジョーズのピーター・ベンチリー原作

感想 ザ・ビースト/巨大イカの逆襲
★★★ 3.5
この手の映画を観る時には
理屈不要!の大胆なハチャメチャ感や
B級っぷりを期待してお気楽に楽しんで鑑賞することが
ほとんどなんですよねw

しかしこの映画 説明や人間関係や
戦う以前のところで結構時間使っちゃっている感じで
嫌に綺麗にまとまっている印象を受けました
まとまっているだけに
わかりやすいしイカが人間を襲いだした理由なんかも納得いったりして
結構面白いんですけど
期待しているパニックぶりが今ひとつ足りない

はじめのうちは
海底に得体の知れない巨大な生き物の影が見えるだけで
ゾゾっとして海っておっそろし~な~(汗)と感じてました

しかしやっぱり相手はイカですからね~(笑)
もっと大胆な暴れっぷりとかがないと
迫力とか緊迫感が出ないといった感じでしょうかw

ちゃんと見せ場もあるけれど
何か気が晴れない?!スカッとしなかった。

主人公の漁師 
海外ドラマCSI:科学捜査班でお馴染みウィリアム・ピーターセン
の活躍は渋くてかっこよかったです!

そんな感じでほどよく楽しんで若干不完全燃焼気味で
観終えた映画でしたw


ザ・ビースト~巨大イカの逆襲~【字幕版】
ザ・ビースト~巨大イカの逆襲~【日本語吹替版】


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「さ」行 | trackback(0) | comment(2) |


ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー

                                     2008/06/23 (Mon)

ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー画像

映画 ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー
原題 THE RIDE: Back to the Soul of Surfing
製作年度 2003年 上映時間 91分  製作国・地域 アメリカ


ストーリー
ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー
若くしてサーフィンのワールドチャンピオンになったデビッドは、メディアやファンにもてはやされて、スター気取りに振舞っていたそんなある時、オアフ島・ノースショアで開催されたサーフ大会に、優勝候補の筆頭として出場するが、 バランスを崩してワイプアウトをしてしまう・・・レスキューがジェットスキーで救出に向かうが、そこには姿かたちも見当たらない・・・・・・


【監督・脚本・製作】 ネイザン・クロサワ 
【製作総指揮】ウェスレイ・ナカモト
【助監督】 ラウリ・フォイ 
【撮影】 ロン・コンドン 
【デザイン監督】 リック・ローマー
【音楽総指揮】 グレッグ・ゴールドマン
【出演者】
スコット・デイビス、シーン・クアワ、メリー・パアラニ、
ウェルドン・ケカウオハ、ジョアン・ビュート、
ローゼン・ブルース・ヘイル、カヘーレ 


DATA
ハワイ国際映画祭で観客賞とベスト・フューチャー賞に輝いたほか、各国の映画祭で好評を博した感動のサーフィン映画。を題材に、傲慢(ごうまん)な若きサーフィン・チャンピオンが、実在した伝説的サーファー、デューク・カハナモクとの出会いを通して成長していく様を描く。監督は本作を機にハワイの著名人となったネイザン・クロサワ。心温まるストーリーとこだわりのサーフシーン、さらにはハワイの美しい風景を堪能できる。(シネマトゥデイ)
・監督初め、キャスト・スタッフ・ロケーション・音楽すべてが
ハワイアンで出来ている純粋なハワイ映画


ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー1ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー2
ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー3ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー4

IMAGE
・自然 ・温もり ・成長

感想 ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー
★★★★☆
何の気なしに鑑賞しましたが
なんか凄くいいお話でした(感動)

サーフィンの世界チャンピオンになって
超天狗で俺様の主人公の男性が
100年前のワイキキビーチへとタイムスリップしちゃうという
何とも奇抜な展開

100年前のワイキキビーチを歩く人たちはみんな
品のあるきちんとした服装をしていて
今の時代で考えると場違いな感じなんですよねw
男性が着る水着も遠目から見るとまるで
ワンピースでも着ているかのようで(笑)
色々な文化の違いが目新しくて楽しかったです

そして
人間がまだ手を加えていない綺麗な大自然

砂を掘ってカニをとったり、綺麗な川で泳いだり
焚き火を囲んでウクレレを響かせながら
仲間と語らったり、
もうどれもこれもが穏やかで癒される風景で

主人公がだんだんその時代に馴染んでいくように
観ているこちらもその場にいるような
居心地の良さを感じはじめました

自然と共存・・・というより自然に生かされているといった感じで
観光地を作るために切り崩されていった沢山の自然
時代と共になくなってしまった色々な物たち・・・
ハワイで暮らしてきたこの映画の製作者たちの
懐かしような寂しいようなそんな切ない気持ちを
感じとったような気がします・・・。

のちにサーフィンを広めたとされる「サーフィンの父」
デューク・パオア・カハナモクと主人公の友情が素敵だし
100年前の女性に恋をしてしまった出来事も切なくて・・・
最後は感動的・・・・・・・。

100年前の人間と現代の人間との関係が違和感なく繋がれていて
本当にその時代を超えてきた気分になりました
映画の作りとして欠点は沢山出てきそうですけどねw

色々な原点に目を向ける大切さを感じて
純粋なあたたかい気持ちにさせられたり
ちょっと勉強にもなった素敵な映画でした・・・。

デューク・パオア・カハナモク

デューク・パオア・カハナモク とは

1911年当時、周囲で彼より速く泳げる者は一人としておらず、その噂はビーチボーイのコミュニティに止まらず、周辺の漁師やコーストガード、果ては米海軍にまで広がっていった。彼は1912年のストックホルムオリンピックに22歳で初出場を果たし、100m自由形アメリカ代表として金メダルを獲得する。その時のタイムは、なんと当時の世界記録を3秒も上回る素晴らしいものであった。そしてその8年後の1920年にも、アントワープオリンピックに出場し、金メダルを獲得。その2個の金メダルを含めて、彼は生涯で合計5個のオリンピックメダルを獲得している。

しかしデュークが英雄として讃えられるのは、競泳選手としての華々しい活躍によるものだけではない。彼は競泳選手として世界中の大会に出場する一方で、あらゆる土地の海で見事なサーフィンを披露している。そしてこれが、サーフィンが世界中に広まっていく切っ掛けとなったのだ。彼が「近代サーフィンの父」と称される由縁である。

デュークは 1968年にその生涯を閉じたが、その後も英雄として人々の記憶に残り続けた。そして生誕100周年の記念には、サーフボードを背にしたデュークの銅像が建造された。世界有数のリゾート地であるワイキキビーチの中心に、「近代サーフィンの父」と称された真のウォーターマンの銅像がある。海をこよなく愛した英雄の魂は、今もなおビーチを見守り続けている。(ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリーサイトより)



ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリーザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー
(2007/09/05)
スコット・デイビス.シーン・クアワ.メリー・パアラニ.ウェルドン・ケアウオハ.ジョアン・ビュート.ローゼン・ブルース・ヘイル.カヘーレ

商品詳細を見る


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「さ」行 | trackback(0) | comment(2) |


幸せのルールはママが教えてくれた

                                     2008/06/10 (Tue)

映画 幸せのルールはママが教えてくれた
原題 GEORGIA RULE
製作年度 2007年  上映時間 110分 製作国・地域 アメリカ


ストーリー
幸せのルールはママが教えてくれた
トラブルメーカーで何かと手がかかる反抗的な娘レイチェルが、ついに自動車事故まで起こしてしまい、二度と帰らないと心に誓ったはずの実家にレイチェルを連れて帰ることにしたリリーリリーの母ジョージアは何かとルールを決めて生活をし、そのルールを守るよう強制する最初は嫌がっていたレイチェルだったが次第に彼女の中で何かが変わり始める・・・・・

【監督】 ゲイリー・マーシャル
【製作総指揮】 マイケル・ベスマン 、ガイ・マケルウェイン 、ケヴィン・レイディ
【脚本】 マーク・アンドラス
【音楽】 ジョン・デブニー
【出演者】 ジェーン・フォンダ、リンジー・ローハン、フェリシティ・ハフマン、
     ダーモット・マローニー、ケイリー・エルウィズ、ギャレット・ヘドランド、
     ヘクター・エリゾンド、ディラン・マクラフリン、ローリー・メトカーフ、
      ポール・ウィリアムズ


DATA
母と共に田舎の祖母のもとでひと夏を過ごすことになった反抗期の娘が成長していく姿を中心にそれぞれ問題を抱えた三世代母子の絆をハートフルに描いたファミリー・ドラマ。(allcinema ONLINE)

IMAGE
・切ない ・コミカル ・家族

感想 幸せのルールはママが教えてくれた
★★★
自由奔放で我が道を行く問題児
リンジー・ローハンのパワフルな演技と 
アイダホの田舎の穏やかな街並みやのんびりとした人たちに
爽やかな気分と少し元気をもらいました

男をコロっと手玉にとる小悪魔ぶりや暴走ぶりは
実際のリンジー・ローハンに近いかも?!w
彼女の着ている洋服がどれもセクシーで可愛くて
見てるのが楽しかったです♪

海外ドラマデスパレートな妻たちや、映画トランス・アメリカ
でお馴染みのフェリシティ・ハフマン
毒気満載、独特な濃い目な演技は駄目な母親っぷりを見せてくれてました(笑)

男に弱く自分が1番大事なあんな母親だったら娘は相当辛いでしょうね
でも大好きだから自分のことよりもお母さんの幸せを願う
リンジー・ローハンの気持ちが切なかった・・・

そんな二人をキリッと束ねてくれたジェーン・フォンダ
自分のルールに合わせろ!と厳しいおばあちゃんでしたけど
とてもその姿がカッコ良かったです!

汚い言葉を口にすると罰として持ってくるある物
最初はみんな嫌がるのにおばあちゃんのパワーにおされて
結局はその罰を受ける姿が滑稽でした(笑)

そんな三世代の(祖母・母・娘)の女性たちがぶつかり合うことで
今まであった心の中のしこりをどうすれば取り除けるのか何が幸せなのか
少しずつ変わっていく様子や家族の絆があたたかく描かれていて
何か優しい気持ちになる映画でした・・・。


幸せのルールはママが教えてくれた幸せのルールはママが教えてくれた
(2008/03/13)
リンジー・ローハン.ジェーン・フォンダ.フェリシティ・ハフマン.ダーモット・マローニー

商品詳細を見る


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「さ」行 | trackback(0) | comment(0) |


セックス・アンド・マネー

                                     2008/05/25 (Sun)

映画 セックス・アンド・マネー 

           セックス・アンド・マネー





原題 FRIENDS WITH MONEY
製作年度 2006年
上映時間 88分
監督 ニコール・ホロフセナー
製作総指揮 レイ・アンジェリク 、アン・ケリー 、テッド・ホープ
脚本 ニコール・ホロフセナー
音楽 リッキー・リー・ジョーンズ 、クレイグ・リッチー
出演者 ジェニファー・アニストン、 フランシス・マクドーマンド、
      ジョーン・キューザック、 キャサリン・キーナー、
     グレッグ・ジャーマン、 サイモン・マクバーニー、
     ジェイソン・アイザックス、 スコット・カーン


~STORY~
男運に恵まれず、いまだ独身のオリビア
おまけに、いまは失業中でメイドの仕事でなんとか食いつなぐ日々
昔からの仲間で、それぞれに満ち足りた結婚生活を送る
フラニー、ジェーン、クリスティーンは、そんなオリビアを心配して
何かと世話を焼こうとするが・・・・・

セックス・アンド・マネー画像

セックス・アンド・マネー2


~DATA~
人生の折り返し地点にさしかかり悩み多き女性4人の
人間模様をシニカルに綴る女性ドラマ
監督は「SEX AND THE CITY」や「シックス・フィート・アンダー」などの
人気TVドラマの演出を中心に活躍するニコール・ホロフセナー


~IMAGE~
・シニカル
・現実的
・女性観


~REVIEW セックス・アンド・マネー
★★★★☆
言葉や理屈で伝えずらい女性の
心理や行動、性質、シニカルな部分が絶妙に表現されている
とてもリアルな大人の女性の映画って感じでした
個性的な女優さんたちにピッタリ合った配役も良かったです

特に、この映画のジェニファー・アニストン
私にとって海外ドラマ「フレンズ」は愛してやまないバイブル的存在なので
もちろんジェニファー・アニストンを応援する気持ちではいるんですけど
彼女の出演してる映画を観て面白いとあまり感じたことがなく・・・(汗)
彼女=つまらない映画・・・というイメージが若干ついてしまっていたんですよね(泣)
しかしこの映画のジェニファー演じる主人公のオリビアが
気取らず媚びずマイペース、どこか男っぽく でも女性らしいという
キャラクターがとても合っている感じで
のびのびと演じている印象を受けました♪
少し毒気のある個性的なキャラクターの方が良さが光る気がします

そして最後まで淡々と話は進んでいき
迷いや不安、今現在の自分はどうなのか・・・・
幸せなのか?!これから先はどうなるんだろうか?!と
自分自身に問いかけたくなるような・・・

ストーリーを追うだけではなくて
不安や疑問を抱えながら頑張って生きている
大人の女性にとって何かヒントやメッセージを
感じとれる映画なんではないかと思いました・・・

それプラス
ところどころに
旦那さんにかけてもらいたい
女性が喜ぶ言葉なんかも入っていて
円満にいっている夫婦は気配りが細かいなと
ちょっとした勉強にもなりました。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「さ」行 | trackback(0) | comment(0) |


最終絶叫計画4

                                     2007/06/19 (Tue)

映画 最終絶叫計画4

最終絶叫計画 4




・最終絶叫計画4 DVD

原題 SCARY MOVIE 4
製作年度 2006年
上映時間 82 分
監督 デヴィッド・ザッカー
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン 、ハーヴェイ・ワインスタイン
脚本 クレイグ・メイジン 、ジム・エイブラハムズ 、パット・プロフト
音楽 ジェームズ・L・ヴェナブル
出演 アンナ・ファリス 、レジーナ・ホール 、クレイグ・ビアーコ
   ビル・プルマン 、アンソニー・アンダーソン 、カーメン・エレクトラ
   レスリー・ニールセン 、クリス・エリオット 、モリー・シャノン
   マイケル・マドセン 、シャキール・オニール 、クロリス・リーチマン
   コンチータ・キャンベル 、デレイ・デイヴィス 、サイモン・レックス
   ブライアン・カレン 、ドリュー・ミクスカ


~STORY~
職探しをしていたシンディは不気味な老婦人の世話をすることに
そしてその隣に住む男性トムとお互い惹かれあうそんな中
突如として宇宙人が地球を襲撃、老婦人の家ではシンディの前に
謎の少年が現われ・・・そして
不吉なメッセージを目にしたシンディはその謎を解くため
友人ブレンダと共にまたしても不気味な村へ向かうことに・・・・・

~IMAGE~
・笑い
・パロディ
・楽しい


~REVIEW 最終絶叫計画4
★★★☆☆
何かのDVDにこの最終絶叫計画4の予告が入っていて
無性に観たくなってしまいました(笑)
1、2は観た記憶があるけど・・・3って観たっけな~?!
う~ん忘れてしまったようですw
そんな感じで久しぶりこのシリーズ鑑賞しましたが・・・・
なかなか完成度高めになってるような気がしました!

今回の4では「呪怨」「宇宙戦争」「ザ・ヴィレッジ」「ソウ」
「ミリオンダラー・ベイビー」「ブロークバック・マウンテン」などなどのパロディ
ベースは宇宙戦争&ソウって感じでしょうか
各映画のポイントをつかんでいてかなり本物に近い状態でいながら
とんでもなくオバカなことばっかりやっちゃうのが
比較するとやっぱりおっかしいです(笑)
よく全然違う内容の映画をつなげますね~
無理がある部分も沢山あるけど(ほとんどかもw)
このシリーズのオバカっぷりでフッ飛ばしちゃってましたw

ラストにはトム・クルーズがゲスト出演したトーク番組で
椅子に乗ってジャンプしまっくったり奇抜な振る舞いを見せた
あの「オプラ」でのパロディもあって、
それには爆笑してしまいました(笑)最後の最後にやられたって感じw

相変わらず元ネタを知らないとチンプンカンプンな作りです
今回はだいたい全部知っていたので結構楽しめたのと
やっぱりくだらないけど気負わずのんきに観れてどこか癒されてしまう
シリーズだな~っとあらためて感じたのでした。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「さ」行 | trackback(1) | comment(0) |


| TOP | next >>

PROFILE

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

洋画 「さ」行の記事

→次のページ

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。