スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


ジョニー・デップが、バットマンの悪役リドラー役に?

                                     2008/08/03 (Sun)

ジョニー・デップ

バットマン最新作「ダークナイト」(8月9日日本公開)はすでに全米興収3億ドルを突破し、来週早々にも4億ドルに達する見込みだ。そんなメガヒット作だけに、先日のキャットウーマンをアンジェリーナ・ジョリーが演じるという噂同様に、クリストファー・ノーラン監督が続編となる第3作を契約するという条件の下、いろんな憶測記事が飛び交っている。

米タブロイド紙ナショナル・エンクワイヤラーは、大成功に気を良くしたワーナー・ブラザース首脳が、バットマン(クリスチャン・ベール)の宿敵リドラー役としてジョニー・デップを説得する自信満々だと伝えた。さらに、ペンギン役としてオスカー男優フィリップ・シーモア・ホフマンを有力候補にしたという。

過去のシリーズで、リドラーは「バットマン・フォーエバー」(95)のジム・キャリーが、ペンギンは「バットマン・リターンズ」(92)のダニー・デビートが演じている。

「製作者たちは、ジョニー・デップなら完璧なリドラー役になると確信しているようだ。ジョニーはプロだからね。クリストファー・ノーランが監督するなら参加する可能性が高いし、彼なら独自のキャラクターを造型するはずだ」と報じた同紙は、「フィリップ・シーモア・ホフマン以上にペンギンが似合う俳優はいない」とも伝えた。

一方で、デップがティム・バートン監督版「不思議の国のアリス」に“帽子屋”として出演するという情報について、英映画誌エンパイアは、出演オファーが届いた確証はないとしながらも、同作の撮影が行われる英パインウッド・スタジオにおいてデップ出演が囁かれており、製作が「パイレーツ・オブ・カリビアン」3部作のディズニーであることから、出演の可能性は高いと判断している。
[eiga.com 映画ニュース]

スポンサーサイト

       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

映画のニュース | trackback(0) | comment(0) |


「スクール・オブ・ロック2」始動!今度はアメリカ音楽ルーツの旅

                                     2008/07/17 (Thu)

「カンフー・パンダ」(7月26日日本公開)を引っさげて登場した5月のカンヌ国際映画祭で、「スクール・オブ・ロック」の続編が製作されることを明かしたジャック・ブラックは、翌6月に入り、「リチャード・リンクレイター監督が再登板することが出演の条件」と語ったが、パラマウント映画はその条件を呑んだようで、前作の主演ブラック、監督リンクレイター、脚本家マイク・ホワイトの3人が再結集し、続編企画が製作されることになった。

「スクール・オブ・ロック2/アメリカ・ロックス(School of Rock 2: America Rocks)」というタイトルになった同作は、デューイ・フィン(ブラック)と、小学生からロッカーになったバンドメンバーらの全米ツアーを描く感動のストーリー。彼らはロックンロールの歴史を探るべく、ブルースやラップやカントリー等、他ジャンルの音楽のルーツに触れるのだという。脚本家ホワイトが言うには、「素晴らしく感動的なラストがある」のだとか。

“当たり役”となったこのデューイ・フィンは売れないロッカーという役どころだったが、ブラックが同様に売れないロッカーを演じたロックンロール・コメディ「テネイシャスD/運命のピックを探せ!」は、7月26日に日本公開される。
ジャック・ブラック
(eiga.com)

~ e r i c a ~
スクール・オブ・ロックがまた再び観れるなんて
嬉しいですね~♪
しかも監督リンクレイター、脚本家マイク・ホワイトの3人が再結集
ってところも楽しみだし
「素晴らしく感動的なラストがある」ってどんなラストなんだろ!
やっぱり笑いと感動は背中合わせですよね~☆


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

映画のニュース | trackback(0) | comment(0) |


シミュレーションゲーム「シムシティ」が映画化される?

                                     2007/05/31 (Thu)

20世紀フォックスが、シミュレーションゲーム「シムシティ」の映画化プロジェクトを進めていることが明らかになった。

「シムシティ」とは、プレイヤーが市長となって街を繁栄させていくゲームで、89年の発売以来、高い人気を誇っている。プレイヤーが自由に都市作りできるこのゲームを、どのように映画化するのか気になるところだ。「エラゴン/遺志を継ぐ者」のジョン・デイビスがプロデュースし、コミック「Spike: Asylum」の作者として知られるブライアン・リンチが脚本を務める模様。監督や出演者については、まだ明らかになっていない。(eiga.com)


~hitokoto~
ゲーム好きの私のお気に入りゲームの一つ
「シムシティ」が映画化されるとなると
非常に気になるところです~
どんなターゲットに向けて作るかで大きく
内容が変わってきそうですね~
せっかくだからきちっとゲームに忠実に面白さを生かした
映画になってほしいな~・・・。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

映画のニュース | trackback(0) | comment(0) |


マイク・マイヤーズ、「オースティン・パワーズ4」準備中

                                     2007/05/12 (Sat)

マイク・マイヤーズが、02年の「オースティン・パワーズ/ゴールドメンバー」以来となる同シリーズの新作について語った。

 「シュレック3」で主人公シュレックの声優を務めるマイヤーズは、MTVのインタビューに答え、「オースティン・パワーズ」の4作目について言及。マイヤーズが脚本・主演を務める次回作「The Love Guru」(マルク・シュナーベル監督、08年6月20日全米公開予定)の撮影が8月からスタートするが、それと同時に「オースティン・パワーズ」の新作にも着手するという。

 新作はかねてより噂になっていた通り、オースティン・パワーズのライバル、Dr.イーブルに焦点を当てたものになるとのことだ。ヒロインにはジェニファー・ロペスを検討しており、仮のタイトルは「For Your Thighs Only」(もちろん、007シリーズの「ユア・アイズ・オンリー」のパロディで「ユア・サイズ(太股)・オンリー」)になるといった噂も出ている。(eiga.com)


~hitokoto~
オースティン・パワーズ4すごく楽しみだったので嬉しいです!
しかもDrイーブルに焦点を当てたものになるなんて!
ますます楽しみwレベルアップしたオバカぶりを見れそうですね♪w
仮タイトルもやらかしてるな~^^:


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

映画のニュース | trackback(0) | comment(0) |


「X-MEN」のスピンオフ「マグニート」の監督が決定!

                                     2007/05/05 (Sat)

「X-MEN」のスピンオフ作品「マグニート」の監督に、「ブレイド3」のデビッド・S・ゴイヤーが決定した。「X-MEN」シリーズでイアン・マッケランが演じた悪者マグニートの若き日を描く物語で、ゴイヤーはシェルダン・ターナー(「ロンゲスト・ヤード」「テキサス・チェーンソー ビギニング」)が執筆した脚本のリライトも担当する。主演はまだ明らかになっていないが、09年に全米公開される予定。

 また、「マグニート」の製作を手がける20世紀フォックスは、もうひとつのスピンオフ作品「ウルヴァリン」(ヒュー・ジャックマン主演)の準備も進めており、こちらの監督も近々発表される見通しだ。(eiga.com)



~hitokoto~
すっかりX-MENの役者陣は人気が出てしまって
みんなの時間が合わせられないんですよね~
ファイナルで揃ったところが見納めになってしまって
やっぱりちょっと寂しい気が・・・
ヒュー・ジャックマン演じるキャラクターを主人公にした
「ウルヴァリン」、イアン・マッケランが演じたマグニート企画、
テレパシー能力を持ったミュータント、エマ・フロストを主役にした企画、
ミュータントの子供たちを主役にした企画の4作品を企画しているということで
続々企画されているスピンオフ作品も楽しみにしていよう。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

映画のニュース | trackback(0) | comment(0) |


『スパイダーマン3』空港並みのセキュリティで披露されたスゴイ内容!

                                     2007/04/17 (Tue)

アメリカよりもどこよりも、日本で世界最速公開される『スパイダーマン3』。4月16日、ワールドプレミアも日本で行われる。その『スパイダーマン3』が一足早く、日本のマスコミに公開され、その全ぼうが明らかになった。

 試写会場に入るマスコミは、入り口ですべてカバンの中のチェック受け、携帯電話を袋に入れて回収される。その後、空港に置いてあるゲート式金属探知機をくぐり、そのあとさらに、ハンディタイプの探知機で、ボディチェックを受ける。盗撮を絶対に許すまじ!というソニー・ピクチャーズの固い意思が感じられる。マスコミといえど例外はない。

 そんな中、日本のマスコミに初披露された『スパイダーマン3』は、『スパイダーマン2』をはるかにしのぐ内容と言ってもいい。サンドマンをはじめ、ニューゴブリン、モンスター・ヴェノム、そしてダークサイドに落ちていくピーター・パーカーの自分自身との戦いなど、どの敵にもザコキャラは存在せず、主役級の好敵手ばかりが登場する。

 それだけにアクションシーンは圧巻。360度、くるくる変化する視点で繰り広げられるバトルは、見たこともない迫力の映像。全身が砂で、できているサンドマンや、体中にアメーバのようにとりつく液状生命体などCGでの表現はリアルで、より洗練されたできだ。また、ピーターの内面に深く迫るストーリーは、ドラマとしての見ごたえも十分。2007年、一番のヒットを狙える映画に仕上がっている。(シネマトゥデイ)

スパイダーマン3画像

~hitokoto~
ハードル上げまくりですね~(笑)
ここまでされたり、ここまで言われると
予想以上に期待してしまいますw!!
アクションシーンもすっごい楽しみ>▽<
こんな記事を読んだ日には一刻も早く観たくなって
ソワソワしちゃうじゃないですか~!!

ってまんまと策略にはまっちゃってますかね私(汗)
それも良しですね♪


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

映画のニュース | trackback(0) | comment(0) |


60年代のカルトSF「バーバレラ」、ボンド風になって甦る!?

                                     2007/04/13 (Fri)

“ハンニバル・レクター博士”シリーズを手がけたプロデューサー、ディノ&マーサ・デ・ラウレンティス夫妻が、1967年に製作されたカルトSFファンタジー「バーバレラ」の再映画化権を完全に取得。「007/カジノ・ロワイヤル」の脚本家チーム、ニール・パービスとロバート・ウェイドに脚本を依頼したと米バラエティ紙が報じた。オリジナル版プロデューサーも夫のディノだが、原作のフレンチコミックの作家ジャン=クロード・フォレストの息子、ジュリアン・フォレストとこのほどすべての契約が正式にまとまったという。40年ぶりに製作する老プロデューサーは「バーバレラは究極のSFアドベンチャーのヒロイン。頭が良くて、ものすごくおかしく、セクシーだ。新しい世代の映画ファンへ『バーバレラ』を再プロデュース出来て、とてもワクワクしている」と同紙にコメントした。2、3年前までドリュー・バリモアが「バーバレラ」の権利を持っており、リンジー・ローハン主演で映画化か?との噂も出回っていたが、結局は“本家”のデ・ラウレンティスの手元に戻ってきたことになる。

 オリジナル版はジェーン・フォンダが主演、当時の夫ロジェ・バダムが監督したフランス映画で、西暦4万年のアウタースペースを舞台に未来のセックスをキッチュかつコミカルに描き、世界中の映画ファンに今なお愛されているカルト映画。ちなみに、80年代に一世を風靡した英国のポップグループ“デュラン・デュラン”は、劇中に登場する“宇宙破壊光線”の発明家の博士の名にちなんだものだ。

 バービス&ウェイドの脚本家コンビは、ダニエル・クレイグ主演の「007/カジノ・ロワイヤル」を見たデ・ラウレンティス夫妻のお眼鏡に叶ったもので、ジェームズ・ボンド風アクションも期待されているという。すでにボンド映画の次回作「Bond 22」の脚本を完成させたという2人の次なるプロジェクトは、この新「バーバレラ」になる。肝心のキャストは未定。監督候補として「ハンニバル・ライジング」のピーター・ウェーバーやバズ・ラーマンの名前などが取り沙汰されているが、こちらも正式にはまだ決まっていない。(eiga.com)


~hitokoto~
ディノ&マーサ・デ・ラウレンティス夫妻が「バーバレラ」再映画化権を完全に取得
したということで・・・
ドリューがいつの日か映画化するのを楽しみにしていた私としては
ちょっと残念な気持ちです・・・T_T


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

映画のニュース | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

PROFILE

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

映画のニュースの記事

→次のページ

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。