スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


Little DJ 小さな恋の物語

                                     2008/07/09 (Wed)

Little DJ 小さな恋の物語 画像

映画 Little DJ 小さな恋の物語
製作年度 2007年  上映時間 128分  製作国・地域: 日本


ストーリー
Little DJ 小さな恋の物語
FMラジオ局のディレクターであるたまきは、深夜の担当番組の打ち切りが決定し落ち込んでいたそんなとき、彼女は自分にラジオの楽しさを教えてくれた少年、太郎のことを思い出す・・・1977年、函館の病院に交通事故で入院した13歳のたまきは、1つ年下の太郎と出会った・・・・・

【監督】 永田琴
【原作】 鬼塚忠
【脚本】 三浦有為子 、永田琴
【音楽】 佐藤直紀
【出演者】
神木隆之介、福田麻由子、広末涼子、佐藤重幸、
村川絵梨、松重豊、光石研、賀来賢人、森康子、
小林克也 、西田尚美、石黒賢、原田芳雄


DATA
ノスタルジックな感動作。1970年代を彩った数々の名曲に乗せ、病院でラジオのDJを務める少年と彼を取り巻く人々との温かい交流を描く。病に倒れながらも前向きな少年を演じる神木隆之介が、松重豊や原田芳雄らベテラン勢に劣らぬ名演を披露。スクリーンいっぱいに広がる思春期特有の輝きと初恋の甘酸っぱさが胸に染みる。(シネマトゥデイ)
・鬼塚忠原作の同名のベストセラー小説を映画化


DJ 小さな恋の物語 1

感想 Little DJ 小さな恋の物語
★★★★☆
まだまだ純粋な心を持ちながらもちょっぴり大人に足を踏み入れている
繊細で一生懸命でキラキラした中学生という思春期時代
そして何とも甘酸っぱい初恋の初々しさがまっすぐに描かれていて
大人からするとくすぐったいような恥ずかしいようなw
最初は照れ気味で鑑賞してたんですけどw
この映画の爽やかで穏やかな優しい感じに次第に心解きほぐされて
素直な気持ちにさせられていました。

ただ気になったのは
1つ年上の女の子に恋をするっていうお話ですけど 
神木くん演じる高野太郎がしっかりした男の子なだけに
福田麻由子ちゃんが年上の女の子に見えなくて
年上の女の子を好きになる背伸びしたドキドキ感や
面白さが物足りなく感じてしまったかも
二人とも大好きな役者さんなので まあ良いか♪って気もしちゃうけど(笑)
でもそんな背伸び感があったら挿入歌キャンディーズの 
年下の男の子がもっと効いてきたきがする
 
そのキャンディーズの曲はもちろん
この映画で大きな役割を果たしているのは沢山の懐かしい音楽たちですね♪
1970年代のヒット曲たち
SUGAR BABEのSHOW や チューリップのブルースカイ 
フィンガー5の恋のダイヤル6700  QUEEN  Some body To Love などなど 
良い曲は時間なんて関係ないですね! 楽しくなったり心惹かれたり♪

年代的に私にとっては関係はない曲たちなのに
懐かしい気持ちにさせられたりもする・・・
きっとその年代の人たちからすると思い出がよみがえってきて
また違った気持ちでこの映画を鑑賞できるんだろうな~・・・。

Little DJ 小さな恋の物語 2

個人的に難病ものの感動系映画は逆にシラっとさせられるので
好きじゃないんですけど
この映画でも感動させようとわかりやすい表現が目に付くところ
たくさんあったり・・・
でも病気をしたからこそ出会えた病院での温かい交流や
DJとしてみんなの希望の光となったり
沢山の爽やかで懐かしい音楽たち 
「ありがとう」とか「寂しい」とか「好きです」って
心の中に閉じ込めちゃってる本当の気持ちを伝えることの大切さを
あらためて考えさせられたり
一つ一つが前向きで温かくてまた観たいなって気持ちにさせられる映画でした。


Little DJ 小さな恋の物語 オリジナル・サウンドトラックLittle DJ 小さな恋の物語 オリジナル・サウンドトラック
(2007/12/05)
サントラヴィレッジ・シンガーズ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

邦画 「ら」行 | trackback(0) | comment(2) |


るにん

                                     2007/03/01 (Thu)

映画 るにん

るにん


製作年度 2004年
上映時間 149分
監督 奥田瑛二
脚本 成島出
音楽 三枝成彰
出演 松坂慶子 、西島千博 、小沢まゆ 、麻里也 、ひかる
   島田雅彦 、玄海竜二 、金山一彦 、なすび 、濱本康輔
   大久保鷹 、片岡長次郎 、根津甚八 、奥田瑛二

~STORY~
絶海の流刑地・八丈島。吉原の遊女・豊菊は
江戸に帰る日を夢見て、
男たちに体を売りながら生き延びてきた・・・
そんなある日、罪で島流しにされた男、喜三郎と豊菊は
運命的な出会いをするのだった・・・・

~DATA~
俳優、画家としても活動する奥田瑛二の
『少女~an adolescent』に次ぐ監督第2作


~IMAGE~
・絶望的
・切ない
・悲しい

るにん

~REVIEW るにん
★★★☆☆
切り立った崖や見渡す限りの海、そんな景色が絶海の流刑地へと
送られた流人たちの
捨てられてしまったような孤独さと、生きていくことへの絶望感が
伝わってきました・・・。
死罪にされた方がずっと楽だったかもしれないような、
島に送られた物にしかわからない恐怖、
まさに鬼が島という言葉がピッタリとくる島ですね
餓えと戦いながら必死に生きようとしてる、
それぞれの生きる工夫がとても印象的でした。

豊菊役の松坂慶子さん、本当に素晴らしかったです(泣)
綺麗で色気があって、でも品があって
男性だけではなく女性から見てもうっとりしてしまいます
長年、島の男たちを癒してきた大きな心と凛とした強さも
しっかりと表現していて、ホント!さすがだな~と心打たれました。

映画全体、一定のテンションがずっと続くため
盛り上がりたいのに盛り上がれなかったりと
不完全燃焼な気持ちで映画を観終えてしまいました・・・
全てに対して力を入れて作り上げてるせいでしょうか・・・
もっとメリハリがあったらストレートに伝わってきて
かなり感動させられていたと思います。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

邦画 「ら」行 | trackback(1) | comment(0) |


| TOP |

PROFILE

 e r i c a

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

邦画 「ら」行の記事

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。