スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


ゴシップ

                                     2008/07/08 (Tue)

ゴシップ

映画 ゴシップ
原題 GOSSIP
製作年度 2000年 上映時間 90分 製作国 アメリカ


ストーリー  ゴシップ
大学でメディア論を専攻するデリックらは噂の広まるメカニズムを解明するためにキャンパスいち真面目なカップルのある噂を意図的に流すしかしそれがきっかけで事態はとんでもない方向へと動き出す・・・

【監督】 デイヴィス・グッゲンハイム
【製作総指揮】 ジョエル・シューマカー 、ブルース・バーマン
【原作】 グレゴリー・ポイリアー
【脚本】 グレゴリー・ポイリアー 、テレサ・レベック
【音楽】 グレーム・レヴェル
【出演者】
ジェームズ・マースデン、レナ・ヘディ、ノーマン・リーダス、
ケイト・ハドソン、マリサ・カフラン、シャロン・ローレンス、
エリック・ボゴシアン、エドワード・ジェームズ・オルモス、
ジョシュア・ジャクソン


DATA
当初「バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲」「8mm」のジョエル・シューマカーが監督する予定だったが、彼は製作総指揮に回り、「ER」や「NYPDブルー」など人気TVシリーズの演出で手腕を発揮していたデイヴィス・グッゲンハイムが初の長編監督作品に挑んだ学園サスペンス。ケイト・ハドソンらブレイク直前の若手スターが競演。

ゴシップ画像2

感想 ゴシップ
★★★☆☆
一つ噂を流すことで、その話はどんどん一人歩きしていき
はじめの些細な内容から最終的には
人生を狂わせるとんでもない内容へと変化していっちゃう!
 
しかもその噂は嘘なのにゴシップスイッチが一度入ってしまうと
ありとあらゆる人間がゴシップに食いついて
あーでもない こーでもないと
話を膨らませては次の人間へとバトンタッチ・・・

こういうことって他人事じゃないし身近でなんか虚しい気持ちになりますね
きっとその辺中にある 人から人へと伝わってきた話の中にも
こういうなんちゃって作り話がきっと沢山あるんじゃないでしょうか(汗)

人間の愚かさや醜さ恐ろしさがスタイリッシュに描かれていて
この映画を観ているとどれが本当で何が嘘なのか不安になって
次第に誰も信じられなくなって人間不信になりそう(苦笑)

そして噂が一人歩きしてどんどん大きくなっていく一方新たに浮上してくる
意外な過去の事件・・・

サスペンス要素も含んで最後には一体どうなるのだろうと
ドキドキさせられる内容でした

ラストには・・・・・・・
    なるほどね・・・・・・・。

なんかやっぱり人間不信になりそうです(笑)


GossipGossip
()
James MarsdenLena Headey

商品詳細を見る

スポンサーサイト

       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「か」行 | trackback(0) | comment(0) |


グエムル-漢江の怪物-

                                     2008/05/23 (Fri)

映画 グエムル-漢江の怪物-

           グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション



原題 THE HOST/怪物
製作年度 2006年
上映時間: 120分
監督 ポン・ジュノ
製作総指揮 チョ・ヨンベ 、キム・ウテク 、ジョン・テソン
脚本 ポン・ジュノ 、ハ・ジョンウォン 、パク・チョルヒョン
音楽 イ・ビョンウ
出演者 ソン・ガンホ ピョン・ヒボン パク・ヘイル 
     ペ・ドゥナ コ・アソン   

~STORY~
研究所 危険だと分かりながら毒物薬品を排水溝に流し捨ててしまう
その6年後ソウルの中心部を流れる漢江からある日突然
謎の怪物(グエムル)が現れ人間を襲い始めた
この怪物に河川敷で売店を営む一家の孫娘がさらわれてしまい
彼女を救うために家族は団結 グエムルとの戦いをはじめることとなった・・・

グエムル-漢江の怪物-画像

グエムル-漢江の怪物-2


~IMAGE~
・パニック
・笑い
・勇敢


~REVIEW グエムル-漢江の怪物-
★★★☆☆
韓国のスピルバーグと讃えられている
奇才ポン・ジュノ監督
この監督の2003年の作品
実際に起きた未解決殺人事件をもとにしたサスペンス映画
「殺人の追憶」は有名ですが
その殺人の追憶がとても面白くてポン・ジュノ監督の作品を
待ち焦がれている私今回は怪獣映画ということでどうなっちゃうんだろうと
楽しみにしてました

怪物を倒すようなありがちなスーパーヒーローは出て来ないし
ビックリ驚かされるような場面もいまひとつ迫力不足だったような・・・
普通のパニック怪獣映画としてグエムルを観にいった人からすると
ブーブー文句がでそうな感じでした・・・。
私的には役者のソン・ガンホのこの人が出てると面白く感じるという
存在感のすごさと
映画「リンダ リンダ リンダ」のペ・ドゥナが個人的に好きで
そういう役者さんの演技を観れて良かったと思った

グエムル-漢江の怪物-3

それと真剣な場面や意外なところで笑の要素が入っていたり
雨のシーンがただ暗い ただ降らせてるのではなく 
情感のある感じがして監督の雨の降らせ方がとても好きです
チラチラ見えるセンスはさすがだなと思いました!

でも全体的にこの映画では
良さが半分も出ていないな~という感じがしてしまい
ちょっと残念・・・


この映画盗作疑惑がありましたね
アニメの「WXⅢ 起動警察パトレイバー」のストーリーや
登場する廃棄物13号に似ているとか・・・
見てみると確かに似ています
ストーリー展開や背景の設定部分はよくあるものなので
問題ないような気がしますけど
どうなんでしょうね・・・ 
せっかくの映画こういう疑惑が浮上するのは悲しいですが・・・
(ジュノ監督本人はグエムル製作前の段階で「WXⅢ」を観ていなく
直接のリファレンスにはなっていないと証言しているそうです)


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「か」行 | trackback(0) | comment(0) |


クローバーフィールド/HAKAISHA

                                     2008/05/05 (Mon)

映画 クローバーフィールド/HAKAISHA

            クローバーフィールド/HAKAISHA

原題: CLOVERFIELD
製作年度: 2008年
上映時間: 85分
監督: マット・リーヴス
製作総指揮 ガイ・リーデル 、シェリル・クラーク
脚本 ドリュー・ゴダード
出演 マイク・ヴォーゲル、 ブレイク・ライヴリー、
    リジー・キャプラン、 マイケル・スタール=デヴィッド 、
    オデット・ユーストマン


~STORY~
とあるニューヨークの夜、日本への転属が決まり
赴任することになったロブのために、大勢の仲間たちが
サプライズ・パーティーを開く
そのパーティーの最中、突然、とてつもない爆音が聞こえ
彼らが屋上へ行くと、まるで爆撃を受けたかのように
ニューヨークの街がパニックに陥っていた・・・

~DATA~
「M:i:III」のJ・J・エイブラムスによる
徹底した秘密主義の下
映画史上初めてタイトルも隠した映画として
全世界で話題が集中
監督はテレビドラマ「フェリシティの青春」
シリーズなどを手掛けたマット・リーヴス


~IMAGE~
・パニック
・恐怖
・斬新


~以下ネタバレ込み~


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「か」行 | trackback(0) | comment(0) |


キンキーブーツ

                                     2007/06/01 (Fri)

映画 キンキーブーツ

キンキーブーツ



原題 KINKY BOOTS
製作年度 2005年
製作国・地域 アメリカ/イギリス
上映時間 107分
監督 ジュリアン・ジャロルド
製作  ニコラス・バートン ピーター・エテッドギー スザンヌ・マッキー
脚本 ジェフ・ディーン 、ティム・ファース
音楽 エイドリアン・ジョンストン
出演 ジョエル・エドガートン 、キウェテル・イジョフォー
   サラ=ジェーン・ポッツ 、ジェミマ・ルーパー 、リンダ・バセット
   ニック・フロスト 、ユアン・フーパー 、ロバート・パフ


~STORY~
父親の突然の死により、倒産寸前の靴工場を相続した
優柔不断な青年チャーリー
工場の起死回生に頭を悩ませる彼は、偶然出会った
ドラッグクイーンのローラからインスピレーションを得て、
ドラッグクイーン用のセクシーなブーツを
新商品として開発しようと思いつく・・・・・

~DATA~
100年の伝統を誇るノーサンプトンの
伝統的な靴業者4代目スティーブ・ペイトンマンを
モデルとした、実話に基づいて作られた作品


~IMAGE~
・楽しい
・温かい
・感動


キンキーブーツ

~REVIEW キンキーブーツ
★★★★☆
私の大好きな映画の一つ「カレンダーガールズ」の
製作ニック・バートンとスザンヌ・マッキーに
脚本のティム・ファースが再集結!ということで
これはもう!温かい映画であろうと期待に胸膨らませて鑑賞しましたw
とても素敵な映画だった・・・・・ 

キンキーブーツ

ドラッグクイーン(オカマちゃん)役の
キウェテル・イジョフォーが無理にオカマっぷりを表現してるわけじゃなく、
自然に女性らしい表情や身のこなしを見せていて
すごく真剣に向き合って勉強して演じているんだな~
っという印象を受けました!女性らしいけどパワフルでセクシーで
ごつめの男性ってことを一瞬忘れてしまいそうに(笑)
懐かしさを感じるオシャレで楽しい音楽も
映画のセンスとマッチしてバランスが良い感じです。

そして本物の昔からの工場での撮影は
靴を作る職人さんたちが長い間使い込んできた
味のある温かみが感じられて
不思議と落ち着くような気持ちになります
割とサラッとテンポ良く流れていっちゃったけど
ブーツや靴が出来上がる工程を見るのも面白かった~

キンキーブーツ

ただ温かいだけじゃなく、弱い人間が本当の強さを、幸せを
色々な人たちに支えられながら見つけ出していくと言う
勇気をもらえてホワっと楽しいハートフルな映画でした。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「か」行 | trackback(0) | comment(0) |


コーラス

                                     2007/04/17 (Tue)

映画 コーラス

コーラス メモリアル・エディション



製作年度 2004年
製作国・地域 フランス
上映時間 97分
監督 クリストフ・バラティエ
脚本 クリストフ・バラティエ 、フィリップ・ロペス=キュルヴァル
音楽 ブリュノ・クーレ 、クリストフ・バラティエ
出演 ジェラール・ジュニョ 、ジャン=バティスト・モニエ 、ジャック・ペラン
    フランソワ・ベルレアン 、マリー・ビュネル 、カド・メラッド
    マクサンス・ペラン 、ジャン=ポール・ボネール
    グレゴリー・ガティニョル 、キャロル・ヴェイス 、フィリップ・ドゥ・ジャネラン

~STORY~
身寄りのない子供や問題児らが集団生活をする寄宿舎「池の底」
そこでは子供たちによって連日のように過激な悪戯が繰り広げられていた
そこへ新しく赴任した音楽教師マチュー
はじめは手を焼いていたが子供たちに 歌 を教えていくことで
しだいに何かが少しずつ変わり始める・・・

~DATA~
2004年フランスで870万人動員
アカデミー賞 外国語映画賞、歌曲賞ノミネート
ゴールデン・グローブ賞 外国語映画部門ノミネート
セザール賞8部門
(作品賞・監督賞・主演男優賞・助演男優賞・音楽賞・主題歌賞
                  新人監督賞・美術賞)ノミネート作品「コーラス


~IMAGE~
・感動
・温かい
・可愛い

コーラス画像

~REVIEW コーラス
★★★★☆
みんな可愛らしい子供たちばかりなのに
イタズラが行き過ぎて結果として怪我を負わせたりとちょっと大人からすると
最初は 恐ろしい子供たちだな~(汗)といった印象を受けました

そして一人の音楽教師クレマン・マチュー(ジェラール・ジョニョ)が寄宿舎に来て
歌を教え 一人ひとりと向き合って人格を尊重することによって 
子供が子供らしく 徐々に変わっていく
決してメルヘンちっくになってるわけではなく
現実的に描き出しているのががすごい!!と思います。

コーラス

大げさに良い先生ということを主張するわけでもない演技
先生役の「ジェラール・ジョニョ」が人間味のある
味のある素晴らしい演技をみせてくれたと思います
悪いことをすればむやみに体罰を与えればいいってことじゃなくて
何で悪いことをしてはいけないのかを
本人に考えさせて感じさせてくれる先生 良い先生ですね(涙)
みんな夢を持ってるし ちゃんと大人が向き合えば答えてくれる子供たちは
本当は純粋で心がキラキラ光ってるのが感じられます 

コーラス

合唱がどんどんうまくなっていく 
こういう成長するような映画大好きです~(天使にラブソングをシリーズなど) 
最初はすっごく下手なのに練習していくうちに上手になっていくのって
わかっていながらも 感動してしまいます

子供たちもすっごく個性的で可愛かった
特に私の中で印象に残ってるのが

○音痴で歌わせてはもらえないけど楽譜をずっと持ってる子
とってもいいキャラクターですね
嫌な顔もせずちゃんと合唱の一員って感じで微笑ましかった

○途中で入ってきた不良少年もすっごく良い顔してて
タバコをふかす仕草が板についていて
もうすでに哀愁すら感じましたw

○いつも土曜日に門の前で来るはずもないことを
わかっていながらも親を待つペピノ
すっごく切なくて胸が苦しかった 
最後はもう本当に本当に感動しまくりでした(泣)

コーラス

そして!!
○ピエール・モランジ役のジャン=バティスト・モニエ
顔がすっごい綺麗~!!ずば抜けて存在感があって透明感があって
まさに美少年!!
しかもあの歌声!!透き通るような心に響く声
まさに天使のようです
もうがっちりハートをつかまれてしまいました~

大聖堂専属合唱隊として10歳から15歳までの児童で1986年に結成された
「サン・マルク少年少女合唱団」
彼(ジャン=バティスト・モニエ)はサン・マルク少年少女合唱団のソリストで
3000人にも及ぶ候補者の中から選ばれて
この「コーラス」で映画デビューしたということですけど
さすが選ばれただけのことはありますね
この映画には欠かせない人物だと思います
綺麗な歌声がしばらく離れませんでした

映画を見終わった後もじんわり じんわりあたたかい気持ちが残る

素敵な映画でした・・・。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「か」行 | trackback(0) | comment(0) |


クラッシュ

                                     2007/03/13 (Tue)

映画 クラッシュ

クラッシュ


製作年度 2004年
上映時間 112分
監督 ポール・ハギス
製作総指揮 アンドリュー・ライマー 、トム・ヌナン
        ジャン・コルベリン 、マリーナ・グラシック
脚本 ポール・ハギス 、ボビー・モレスコ
音楽 マーク・アイシャム
出演 サンドラ・ブロック 、ドン・チードル 、マット・ディロン
    ジェニファー・エスポジート 、ウィリアム・フィクトナー
    ブレンダン・フレイザー 、テレンス・ハワード
    クリス・“リュダクリス”・ブリッジス 、タンディ・ニュートン
    ライアン・フィリップ 、ラレンズ・テイト 、ノーナ・ゲイ
    マイケル・ペーニャ 、ロレッタ・ディヴァイン 、ショーン・トーブ
    ビヴァリー・トッド 、キース・デヴィッド 、バハー・スーメク
    トニー・ダンザ 、カリーナ・アロヤヴ 、ダニエル・デイ・キム

~STORY~
クリスマス間近のロサンゼルス
黒人刑事のグラハムは、相棒と追突事故に巻き込まれてしまった
そんな時、黒人男性の死体を事故現場近くで発見するが・・・・・

~DATA~
第78回(2005年)アカデミー賞作品賞、脚本賞、編集賞の3部門受賞
監督は「ミリオンダラー・ベイビー」製作、脚本のポール・ハギス


~IMAGE~
・切ない
・悲しい
・温かい

クラッシュ画像

クラッシュ

クラッシュ

クラッシュ

~REVIEW クラッシュ
★★★★★
1度目は映画館で、そしてもう1度じっくり観てみたいと
2度目のクラッシュを鑑賞してみました・・・。
内容はわかっていても、1度目で感じた感情が何倍にもふくれ上がって
最初から最後までずーっと、切ないような悲しいような泣きそうな気持ちで
いっぱいになってしまった。
憎しみ、不安、恐怖、疑い、怒り、悲しみ、色々な感情が渦巻いている
映画ですよね・・・誰でもどこか共感してしまう言葉では言い表せない
苦しみを映像で見せられているような、
きっと人に対して見せている自分ではなくて、認めたくないような、
本当の自分自身と重なってしまうところがあるからでしょうか・・・
すごく心の奥にグサっと入り込んでくる映画だと思います。
そんな中、登場する素直で真っ白な心を持つ女の子の存在が
本当に天使に思えてくる・・・・
そんな風に真っ白な素直な心で人と接したいという気持ちを
みんなが持っているのに、弱さゆえに傷つけ、傷つけられて
生きていかなきゃならないんですね~・・・
アメリカの差別社会の現実の厳しさの重さも深く考えさせられました。
切なくて悲しくて、でも最後にはどこか温かい気持ちにもなる
不思議な映画です・・・。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「か」行 | trackback(2) | comment(0) |


隠された記憶

                                     2007/02/08 (Thu)

映画 隠された記憶

隠された記憶



製作年度 2005年
上映時間 119分
監督 ミヒャエル・ハネケ
出演 ダニエル・オートゥイユ 、ジュリエット・ビノシュ 、モーリス・ベニシュー
    アニー・ジラルド 、ベルナール・ル・コク 、ワリッド・アフキ

~STORY~
ある日、テレビキャスターのジョルジュのもとに
ビデオテープと不気味な絵が送られてくる・・・・・
テープに映っていたのは彼の家族の日常
テープは何度も送り届けられその内容は次第に
プライベートな姿を写したものへとエスカレートしていく・・・・・

~DATA~
隠された記憶」で
第58回カンヌ映画祭監督賞を受賞したミヒャエル・ハネケ監督


~IMAGE~
・不気味
・恐怖
・謎

隠された記憶画像

~REVIEW 隠された記憶
★★★★☆
ちょっとでも目をそらしたら、何か見落としちゃうかも
しれない!!ような空気が漂っています
ゆっくりと流れる映像や展開が不気味に感じられて
その流れの間、頭の中では色々な想像がかきたてられました
心の奥に隠してあるやましさや後ろめたい気持ち
ある日それがきっかけで平和だった日常が大きく方向転換
してっちゃうんですよ!ジリジリとそんな恐怖が描かれています(汗)
推理サスペンス的な謎解きだと思って観ていると最後まで混乱しちゃう
監督自身も「誰が犯人かは重要ではない、答えは一人一人が考えればいい」
と語ってる通り、答えは一つじゃないわけですね!
しかし!!最後の最後にやられました
ちゃんと目をこらしてしっかり観ていると・・・・・
そうきたか~って感じ!


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

洋画 「か」行 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

PROFILE

 e r i c a

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

洋画 「か」行の記事

→次のページ

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。