スポンサーサイト

                                     --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

スポンサー広告 |


20世紀少年

                                     2008/09/07 (Sun)

映画 20世紀少年
製作年度 2008年  製作国・地域 日本 上映時間 142分

20世紀少年

ストーリー
20世紀少年
翌年に大阪万博開催を控え、人類が初めて月に降り立った1969年の夏、小学生のケンヂは、同級生の仲間たちと空き地の原っぱに秘密基地を作った。そんな彼らの秘密の遊びの一つである“よげんの書”には、悪の組織、世界征服、人類滅亡計画、それを阻止する正義の味方など空想の数々が描かれ、彼らをワクワクさせるのだった・・・


【監督】 堤幸彦
【製作総指揮】 -
【原作】 浦沢直樹
【音楽】 白井良明 、長谷部徹 、AudioHighs 、浦沢直樹
【脚本】 福田靖 、長崎尚志 、浦沢直樹 、渡辺雄介
【出演者】
唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、
宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、佐野史郎、
森山未來、津田寛治、藤井隆、山田花子、ARATA、片瀬那奈、
池脇千鶴、平愛梨、 鈴木崇大



DATA
コンビニを経営するさえない主人公が、仲間とともに地球滅亡計画を阻止しようと立ち上がるSFサスペンス巨編。人気漫画家・浦沢直樹の同名原作を『自虐の詩』の堤幸彦監督が、総製作費60億円をかけて全3部作として実写映画化。主人公のケンヂを唐沢寿明が演じるほか、オッチョを豊川悦司が、ユキジを常盤貴子が務め、豪華キャストが多数出演する。邦画史上最大級のスケールで放たれる、本格科学冒険映画に期待と注目が集まる。(シネマトゥデイ)

20世紀少年


感想 20世紀少年

お気に入り度★★★☆☆     おすすめ度★★★☆☆

漫画の方はまったく読んだこともなく お話もほとんど知らない状態で
だけど映画の予告やらチラシやら雑誌やらでチラホラと目にしたりするようになって
面白そう♪っと興味をかきたてられ楽しみにしていた映画でした

ハットリくんのお面をかぶった少年の姿って不気味ですね
1969年以降の文化や出来事なんかがあちらこちらに登場して
その年代が懐かしい人には楽しみ方も一味違うんでしょうね
秘密基地を作ったり泥まみれになって遊んだり素朴で子供らしくて微笑ましかった
この映画を観にきていた客層もお父さんと子供のペアが目立っていました^^

カルト教団を率いる「ともだち」一体誰なのか?!ってこともちょっと気になりますけど
こういう宗教団体って気持ち悪いし、この映画のようにまで
勢力を拡大するのは難しいかもしれないけどリアルであなどれない感じ

10数年前くらいに○ウ○がサリン事件を起こして大騒ぎになったことを思い出しました!

20世紀少年

それと3部作の1作目「20世紀少年」というわけで!
私こういう何部作の1作目とか完結しない映画、ドラマ、漫画とかって
見終わった後今すぐ続きが無性に見たくて耐えられない病にかかってしまうんですよね(笑)
だからこの20世紀少年も3部作のまだ1作目なわけで
その病気が発症するんじゃないかと結構恐る恐る覚悟して鑑賞したところもあったんですが
う~ん・・・・
そんな心配無用だったかも・・・(汗)
お話は面白いし好きな感じなんですけど何でですかね
ミステリーの要素も浅く感じたりキャラクターにいまいち愛着がもてなかったりと
ちょっと退屈してしまったんですよね
大金かけて20世紀少年を映画化しました!と自己満足に酔いしれている
お偉いさんの顔が浮かびそうだった
ただ一人大人になったオッチョ(豊川悦司)が登場して興味をひかれ
やっとホッとさせられたのは何故だろうw
そして新宿の街が破壊されていくのが面白かった!

来年上映の第2作目に期待したいと思います。

スポンサーサイト

       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

邦画 「な」行 | trackback(1) | comment(6) |


日本沈没

                                     2008/05/23 (Fri)

映画 日本沈没

           日本沈没 スタンダード・エディション



         
  
製作年度 2006年
上映時間 135分
監督 樋口真嗣
原作 小松左京(小学館刊)
脚本 加藤正人
音楽 岩代太郎

主演者 草なぎ剛  柴咲コウ 及川光博  國村隼  石坂浩二
      豊川悦司  大地真央


~STORY~
日本海溝近辺の大規模な地殻変動により 
日本列島のほとんどが海中に沈没するという驚愕の予測が下った
各地の火山が噴火、M(マグニチュード)8以上の大地震が次々と起こり
街や村は崩壊 人々は恐怖とパニックに陥りながら逃げ惑う
1億2千万の日本人は、どこへ逃れるのか?
日本全土が極限状態のなか 
人々は何を守り、何を救おうとするのか……

日本沈没画像

日本沈没2


~DATA~
1973年に映画化された小松左京の大ベストセラー小説「日本沈没」を
平成『ガメラ』3部作などの 特撮で知られる 樋口真嗣が
現代に置き換えてリメイクした大作映画


~IMAGE~
・恐怖
・勇敢
・せつない


~REVIEW 日本沈没
★★★☆☆
最初の方の 結構のんび~りと時間を使ってるのが
少し退屈してしまったのと
柴咲さんと 草なぎ君が愛し合う二人に
あまり見えなかった・・・・(汗) 
人との係わり合いの画き方が全体的に薄いという感じがして
ちょっと残念でしたけど。 

しかし!やっぱり日本が沈没していくさまは恐ろしくて悲しかった・・・
最近は地震も多いし 温暖化という問題にも直面している現代
絵空事とは思えない映画でした
いつもあたり前のように過ごしている場所や
大切な思い出の場所も大事な故郷もみんな壊れて沈んでしまうなんて
それに何より苦しいのは家族や恋人や友人が
そして自分が死んでしまう・・・
今ある幸せな日常を大切にしなきゃいけないなと
あらためて考えさせられました・・・。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

邦画 「な」行 | trackback(0) | comment(0) |


寝ずの番

                                     2007/05/12 (Sat)

映画 寝ずの番

寝ずの番



製作年度 2006年
製作国・地域 日本
上映時間 110分
監督 マキノ雅彦
原作 中島らも
脚本 大森寿美男
音楽 大谷幸
出演 中井貴一 、木村佳乃 、木下ほうか 、田中章 、土屋久美子
   真由子 、石田太郎 、蛭子能収 、桂三枝 、笑福亭鶴瓶
   浅丘ルリ子 、米倉涼子 、中村勘三郎[18代目] 、高岡早紀
   堺正章 、笹野高史 、岸部一徳 、長門裕之 、富司純子

~STORY~
上方落語界の重鎮・笑満亭橋鶴が亡くなった
そして通夜となり 集まった弟子たちは
数々の思い出話に花を咲かせ
寝ずの番を過ごしていく・・・

~DATA~
俳優の津川雅彦が 祖父のマキノ省三 叔父のマキノ雅弘から
マキノ姓を襲名し マキノ家3代目監督マキノ雅彦として
はじめて監督した作品「寝ずの番



~IMAGE~
・コミカル
・笑い
・粋


寝ずの番

~REVIEW 寝ずの番
★★★☆☆
まあとにかく最初から最後まで
ビッチリと下ネタのオンパレードですね~(笑)
だけどこれが津川さんの人柄のせいか
ギリギリのところで 嫌味じゃなく感じました

最初の前半の印象はどこか可愛らしい映画で 
可笑しなおじ様たちだな~っと感じていたんですが
映画雑誌でマキノ監督(津川さん)はこの映画を「アメリだと意識して撮っていた」
「リアリティは飛ばして いつの間にか死んだ人が一緒に踊ってるような
ファンタジーにしたかった」と語っていて・・・
っということは 可愛らしいと少しでも感じた私は
監督の意図が伝わってきたっということでしょうか(笑)
しかし「アメリ」を意識して作り上げた映画だとはビックリですねw

寝ずの番

本当に本当に最後まで下ネタだらけだから女性にとっては
ちょっと好かないような観にくいような映画という気がしますが
そんなことわかった上で大人の遊び心が描かれた作品なんだから
ある程度開き直って鑑賞するのがいいのかもしれないですねw
最初はクスクス可笑しかったところもあったけど
最後はもう呆れて観終えたって感じです(笑)
酸いも甘いも噛み分けた年配の方にはココロ可笑しいちょっとホロッとっくる
粋な映画な気がします

寝ずの番

こういう単調なストーリーにはもちろんキャスティングと役者さんの演技力が
ものすごく大事だと思いますけど
木村佳乃さんが何か爽やかでこの映画に浮いているような?!マッチしてるような?!
とっても不思議な空気をかもし出しているな~と思っていたところ
どうやら 下品な言葉を使ってもゲスにならない役者さんたちを
起用したとのことで これまた なるほど納得!!
確かに中井貴一さんや木村佳乃さんや境正章さんとかって
爽やかなイメージがあって品がある感じがします!!
私としては可愛らしいおじ様イメージ(勝手なイメージですが笑)の津川雅彦さん
監督自身も出演していたらもっと面白かったんじゃないかと思いました♪

頭の中から三味線合戦の歌と三味線の音色がいまだに消えずに
ふと口ずさみそうになることがあります!!!!(汗)
それだけインパクトが強かったんだと思いますが・・・危険です!!(苦笑)


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

邦画 「な」行 | trackback(1) | comment(0) |


涙そうそう

                                     2007/04/14 (Sat)

映画 涙そうそう

涙そうそう スタンダード・エディション


製作年度 2006年
上映時間 118分
監督 土井裕泰
脚本 吉田紀子
音楽 千住明
出演 妻夫木聡 、長澤まさみ 、麻生久美子 、塚本高史 、中村達也 、平良とみ
    森下愛子 、大森南朋 、船越英一郎 、橋爪功 、小泉今日子

~STORY~
那覇で自分の店を持つことを夢見て働く兄の洋太郎のところへ
高校に合格した妹のカオルがやって来て同居することになった・・・
やがて資金が貯まり店が開店を迎えようとしたとき、
洋太郎は詐欺に遭って莫大な借金を背負ってしまう・・・
それでも洋太郎はカオルを大学に進学させるため、
借金を返して店を出す夢を諦めずに必死に働くが・・・・

~DATA~
歌手の森山良子が他界した兄を想い作詞した、
涙そうそう」の世界観をモチーフにして作られた映画


~IMAGE~
・切ない
・温かい
・悲しい

~以下ほんの少しネタバレ込み~

涙そうそう画像

~REVIEW 涙そうそう
★★★☆☆
元気で無邪気に心からお兄ちゃんを慕ってる妹役の長澤まさみさん
私の中でいつも落ち着いてる感じのイメージがあったんですが
キャっキャと無邪気な元気な少女を演じているのがいつも以上に可愛く見えて
そしてとても新鮮でした!
お兄ちゃんを呼ぶ「ニーニー」という声が印象的で耳に残ります。
そんな妹を優しくしっかり受け止めるお兄ちゃんの妻夫木聡さん
二人ともとても爽やかで笑顔が素敵で愛がいっぱいの温かい兄弟と言う感じで
私もあんな優しい素敵なお兄ちゃんがいたら良かったのに!!と
うらやましい気持ちに(笑)

涙そうそう長澤まさみ

ちょっと残念に感じたことが全体的に描写が粗いような
お兄ちゃんと妹が久しぶりに再会する場面や
二人で幸せに生活している場面などがあっさり流れていく感じで
もっとその場面しっかり映し出してほしいのに~と
若干拍子抜けするところもありました・・・・・。

だけどお兄ちゃんからの最後のプレゼントが送られてくるシーン
は涙なくしては観れません(泣)
妹に対しての愛情が苦しいくらい伝わってきます・・・・・
そのプレゼントを着た妹の写真が最後映し出された時には
温かいような、悲しいような、切なさでいっぱいになりました。

涙そうそう画像

いつかはどんな人にも必ず別れが来る
一緒の時を過ごせることを、今を大切に大事にしていかなくては
いけないなという気持ちにさせられました。
家族でも友達でも知り合いでも
側で支えてくれる人がいるってとても幸せなことですね。


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

邦画 「な」行 | trackback(0) | comment(0) |


日本以外全部沈没

                                     2007/04/01 (Sun)

映画 日本以外全部沈没

日本以外全部沈没



製作年度 2006年
上映時間 98分
監督 河崎実
原作 筒井康隆
脚本 右田昌万 、河崎実
音楽 石井雅子
出演 小橋賢児 、柏原収史 、松尾政寿 、土肥美緒 、ブレイク・クロフォード
    キラ・ライチェブスカヤ 、デルチャ・ミハエラ・ガブリエラ 、リカヤ・スプナー
    岡村洋一 、イジリー岡田 、つぶやきシロー 、ジーコ内山 、松尾貴史
    デーブ・スペクター 、筒井康隆 、黒田アーサー 、中田博久 、寺田農
    村野武範 、藤岡弘

~STORY~
2011年原因不明の天変地異でアメリカ大陸が1週間で海に沈んでしまう
1週間後中国大陸が沈み始め、その1週間後に
ユーラシア大陸がすべて埋没 その2日後にアフリカ大陸
翌日にはオーストラリア大陸が海の下へと消えた・・・
やがて日本国以外のすべての陸地が消えると
海外の生存者が続々と日本へ集まり始めた・・・・・・

~DATA~
・作家・筒井康隆の「日本以外全部沈没」原作を
「いかレスラー」「コアラ課長」の河崎実監督が映画化
・TV版と映画版(1973年製作)の『日本沈没』で主役の小野寺俊夫
を演じた村野武範、藤岡弘の二人も出演

~映画 IMAGE~
・笑い
・メッセージ
・虚しい


~REVIEW 日本以外全部沈没~
★★★☆☆
結構なB級映画だろうと思いながらも 
日本以外全部沈没 という題材を
想像してみるとワクワクして心惹かれて観たこの映画

映画の記録と感想と日本以外全部沈没

だけど思っていたより すごく話もまとまっていたし!
バカバカしいと思いつつ 実際に起きたらどうなるんだろう
なんてことを想像してしまいましたw
でも事がすご過ぎて想像したって想像しきれませんでしたけどねw
そして
ブラックユーモアたっぷりでクスクス可笑しい感じ♪
でもこんなことやっちゃって大丈夫~って
心配しながら思い出したのが
トレイ・パーカー監督の「チーム★アメリカ ワールドポリス」だった

日本以外全部沈没

あっちは人形で題材も違うけど、鋭いところをつきながら
ヒヤヒヤしながらクスクス笑わせる
観てる方はいいけど製作者たちは 問題発言だの訴えるだの
後始末が大変ですよね・・・
そんなブラックユーモアいっぱいの映画を日本がやっちゃうなんて
今までにもあったのかもしれないけど 
色々な意味でスゴイ!!
そしてちょっと心配・・・

あとは思っていた以上に重くて心と耳が痛い話もつまってた
自虐的というか・・・目を背けたくなる日本人の心の狭い非常な部分があらわに
なっていく・・・・ これを観ちゃうと笑いたくても笑えないような・・・
ガツンとやられる感じ・・・ホントどっちが島流しだかわかんない状態になる
まあ日本人だけじゃなく心の弱い人間の深層心理が描かれているわけですよね・・・
筒井康隆の原作のすごさがうかがえます・・・。

日本以外全部沈没

手袋の中に色々な動物たちが仲良く暮らしてる絵本が出てきた時に
そう 大切なことはすごく簡単でシンプルな物なんだよね~って
シミジミ感じた それに気づけるのはいつの日か

くだらなさの中にもしっかりとメッセージが込められてるB級映画でした

自分の中でチープ具合をどこまで良しとするかが問われる
映画ですが
B級映画やくだらなさOKな人には楽しめる映画ではないでしょうか


       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ           

         宜しければランキングポチッと↑clickの応援お願いします

邦画 「な」行 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

PROFILE

Author: e r i c a

   
訪問ありがとうございます
*性別・女性
*映画・海外ドラマ大好きです
新旧問わずA級B級関係なく今まで観てきた映画、DVD、邦画、洋画、海外ドラマなどを忘れないように感想と記録を残していくアルバムのようなブログ
基本ネタバレなしの甘め、時々辛めREVIEW「こんな感じ方もあるよね」くらいに思って下さると嬉しいです           
○コメント・TB歓迎です♪
古い記事でもOKですので
どうぞお気軽に!
○当ブログは
リンクフリーとなっております♪
○相互リンクもお待ちしてます 
                 

記事リスト

邦画 「な」行の記事

Entry映画ランキング

ブックマーカー

 

★☆私のお気に入り度

非常に勝手きままな評価となっておりますが ご了承下さいませ

★★★★★
(5)すごく心が動かされた!!
★★★★☆
(4)面白かった♪
★★★☆☆
(3)う~んまあ普通かな~
★★☆☆☆
(2)なんかちょっとどうなの
★☆☆☆☆
(1)なんじゃこりゃ↓

小さい星は0.5です

ブログ内検索

ジャンル別で探す映画

カテゴリー

~ALL TITLE~

ブログ内にある全部の記事を表示

RSSフィード

RSS新着情報

Comment

TB

リンクさま

Page Ranking

       ブログパーツ

amazonで探す

DVD・サントラなどの商品の検索に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。